FC2ブログ

ただ今充電中!!

本流釣りの釣果は?・・・・戦意喪失。釣り以前に川に立てません。花粉との戦いに負けた俺を笑ってくれッ!(笑

IMG_1014-1.jpg神様に花粉症が治る事をお祈りしなかったのがいけなかったのでしょうか?
 ここ数日ヒドイ!特に左側の鼻の穴、「くしゃみが出そうで、出なさそうで、出て、詰まっていそうで、詰まっていなくて、鼻水ダラダラ」書いていて分からなくなって来た、如何にかしてくれ!
 去年の今日(4月17日)雪が降ったんですね。桜の花の上にも雪が積もって、重さで枝が折れたなんて話がありました。この冬は、雪の量自体はたいしたことが無かったですけど、春先の寒さで雪融けが遅いですね。こんな年の渓流は如何だったんでしょうかね。つらつら思い出してみました。


11~12年前の冬、12~1月にかけて雪が多く、南信地方にしては珍しく一日で97cm雪が積もったって日も有りました。その年は当然残雪も多くて、道路事情も良くないから多くの釣り人はGW過ぎなければ南アの谷には入り難いと予測していました。抜かれるイワナが少ないんじゃないか?GWでも通行止めだから交通可能になる5月末は天国じゃないか?友人と話したものです。

5月下旬、以前同じ時期に3時間で40~50匹イワナが釣れた谷に入ってみました。反応はまあまあで、1時間で5~6匹って感じでしたね。ただ、川を釣り上がって行くと倒木に何かが引っ掛かっているのが目に付きます。木の根や、倒木の残骸かとも思ったんですが「ヒラヒラ」しているんですよ。良く見ると鹿の毛皮でした。鹿そのものは腐ったり流されて破損したりで、本体は無いですが毛皮は無くならず、倒木や石に引っ掛かっているんですね。今までにもそう言うのが無かった訳じゃないけど、幾つも見たのは初めてでした。やはり雪の多さが原因で、命を落とす鹿が多かったのかなぁ?それに、普通の年は雪融けが早くて、毛皮が流されちゃってるから、見かける事が少なかったんじゃないですかね。
 以来、川の中の動物の「仏様」も釣りの目安になりまして、春先程々に雨が降って増水した年は毛皮が少なくて、そういう時は5月中旬頃から最盛期に入るし、毛皮が多い年は、雨も少なくて雪融けも遅れているから、最盛期が6月にずれ込む、そう思うようになりました。

 で、その日の釣りは?・・・・

結局、20匹位釣ったところで先行者?が釣り下って来て強制終了。したがって、天国であったかどうかは分かりませんでした。
 釣り下って来た彼に、「先行者でも居て、釣り下ってきたの?」聞いてみました。彼曰く「いいえ、でもさっぱり釣れないですねぇ~」


16:14 | 未分類 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑