FC2ブログ

プロと言えば・・・

自分がイメージするプロフェッショナルとは?・・・谷川浩司である。

囲碁のライバルを「碁仇・ごがたき」と言うそうですが、将棋はなんて呼ぶのかな?高校生の頃休み時間はもっぱら将棋をやってました(ゲームなんて無かったもの・笑)。同級生に将棋のライバルが居て、お互いに良い手が出ると「俺は(当時、将棋の名人だった)谷川浩司より深く読むんだよ」と言うセリフがお約束でした。同じ頃クイズ番組を見ていたら、司会の大橋巨泉さんが回答者に「スルドイ!谷川浩司より深い読み」って言ったんで思わず笑ってしまった事を覚えてます。
 
 最近、その同級生に久しぶりに会ったんですがね、会話の中に「おッ、谷川浩司より深い読み」って言ったんで大笑い。二十数年経って互いおっさんになった今でも、谷川さんは我々のヒーローでした。

 阪神大震災直後、連絡が取れなかった谷川さんが対局場に現れたという小さな新聞記事を見つけた時は嬉しかったなぁ~、逆境にあっても自分の仕事をこなすプロ中のプロだと思いました。カッコいい!!ってね。今回この事を思いだしました。逆境の中でも誇りを持って自分の仕事をこなすしている皆さんを尊敬します。

2002年の谷川さんへのインタビュー、コラムの想定外なくす作業をは今読み返すと何事かを暗示してますよね。

 
 
00:00 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑