FC2ブログ

最初はアマゴ

子供の頃「アマゴ」なんて呼ばなかった。両親は「アメノヨ」・・・「アメノウオ」が変化したのか?・・・って言ってたから、自分も「アメノヨ」って呼んでたと思う。いつの頃から「アマゴ」になったんだろう?

解禁から二週間、本流を釣ること五回イケマセンね。まぁ、合計7~8時間だから、そう簡単にはいきません。今日も時間を作って(何とか)一匹をと思ったんですがね、雨による増水で断念。急遽渓流を釣ってみました。30分しか時間が無いので、ポイントを一箇所に絞っての勝負です。
 思ったより水が少ないですねぇ~。目当ての場所も殆ど流れが無い感じで、釣れない雰囲気がプンプン(笑)。
7f8in・#4の竿に#12の黒いソフトハックルを結んで釣り開始。偏光グラス忘れたんで水の中が見えねぇ~(泣)。自分の技術じゃぁ、マーカー付けると上手く投げられないからリーダーやラインの変化であたりを取るしかないですね。開きは流れが無いから無視、ポイントは流れ込みだけ!早速キャスト、フライが沈んでいった辺りで魚が動いた様に見えたんだけど、う~ン、喰ってたのかな?結局、流れ込みはダメでしたね。で、ポイントを第二候補に換えてみました。
 流れが無いのが難ですが、右岸側に大きい石が有って、その下が良い感じにえぐれてます。「魚が入っているかも?」って事を期待してキャスト!ラインが流れて手前に有る石の陰に隠れて見えなくなった時、魚が追ってきました。でも、石の陰になってラインもフライもまったく見えないし、追ってきた魚も石の陰で見えなくなりました。で、待つ事1~2秒「こりゃ喰ったぞ!」と根拠も無いけど、あわせたら乗った(嬉)。よく引いたからスレ?それともニジマス?とも思ったんですが23cmのアマゴでしたね。この一匹を持ってタイムアップ。今年はアマゴから始りました。とりあえず一匹出たから心置きなく本流に打ち込めますよ!・・・と、言いつつ釣れなかったら、また渓流に来よッ!(笑)

CIMG0965-1.jpg


Pick Up・・・拙ブログより有益なり

<<渓流のルアーフィッシングmckeeさん>>

<<伊那谷のFF!たったんさん>>

<<始動は近いか?SHIGEさん>>

<<下伊那はけばりさん>>

お役立ち情報もどき?
<<たびたび紹介の古本信州の渓流釣り (1983年)と同じ著者の魅力あふれる信州の清流釣りカシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータの組み合わせは如何でしょう?>>



18:31 | マス釣り | comments (8) | edit | page top↑