解禁はした!

太田切川C&R区間廃止の理由も分からず、解禁したな。漁協側は説明する気もないし、釣り人側も「あッ、そう!決まった事はしょうがない」って雰囲気が大勢。「ちゃんと廃止に至る経緯を説明すべきだ」なんて言ってた自分は少数派だったんですねぇ~、結局C&R区間なんて如何でも良かったみたい。
 まぁ、今年も狭い伊那谷のその中でも狭い範囲を釣り歩きましょう。

CIMG0963-1.jpg13:20、15fのロッドにSTSタイプ4(450gr)を乗っけて釣り開始。ちょっとラインが軽いですねぇ550gr位の方が良いかも。石が小さいから、流れの中に黒く見える「溝」を丁寧にトレース。余程ゆるい流れじゃないと根掛りしないし、瀬は底をとった感触が無いからタナに入って無いみたいです。ゆっくり1時間かけて、50m程のランを流してタイムアップ。
 本流の釣りは釣果ゼロが当たり前なので(←ソフトに結果報告・笑)、何とも思わないんですがキャストを繰り返してると「今年も始まったなぁ~」って気がしてきたぁ~。先ずは、本流での一匹を目指しますよ!

今シーズンもバカの釣果を見て笑うも一興かと存じます。お付き合いくださいませ。
09:09 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (6) | edit | page top↑

解禁準備

解禁準備、ギリギリにならないと駄目なんです。子供の頃からそうでした。夏休み最終日、家族は誰も眠れない(爆)。


準備といっても、フライの補充でもなければラインのバリエーションを増やす事でもありません。ウェーダーの水漏れチェック?これもまぁ後回し!先ずは・・・



↓こいつを何とかしなけりゃなりません。真っ先にする事が車の掘り出しとは情けねぇ~!

IMG_0954-1.jpgこれを見ただけで、戦意喪失・・・春を待とうかな?いや、明日からマス釣りだ。でも、車を掘り出すには、先ず、辿り着くまでの道から作らなけりゃいけません。

IMG_0955-1.jpg1時間掘ってもこの程度、しばらくこの車の使用は断念。雪が残っているうちは、軽トラで頑張ることにしました。どう考えても格好は良く無いけど、スタックしても自力で押し出せるし此方の方が良かったりして(笑)。HPやブログで「フライは優雅な釣り」と言うのを見かけますが、車もタックルの一部だとすれば軽トラは優雅じゃないでしょ。
 
18:14 | 暇つぶし | comments (6) | edit | page top↑

解禁も近いなぁ

おッ、解禁を前に写真が出てきたぞ!確か、このイワナ達は・・・
                    
                    ↓
                    
                    ↓

                    ↓

                    ↓

                    ↓

                 なんだっけ?

17~18年前、同じ友人と年間30日以上一緒に釣行してました。当然、一人でも行ってたから、年間釣行は一体何日だったんでしょうね(まぁ、それなりの理由も有って、その頃二人とも新聞に記事書いてたから、ネタにも追われてたんだろうなって今になると思いますが)←バカの言い訳
IMG_0934.jpg
 
そんな時期の、ある日の会話
自営業FF「俺さぁ、毎朝早起きして本流に行ってるんだけど、ふと思うんだよ!こんな事にエネルギー使ってて良いのか?ってね」

友人   「俺はそんな事思ったことも無いぞ!」

 それから数年後。釣り仲間達は、結婚或いは子供が生まれ一人欠け二人欠けて行った時期

友人   「俺さぁ、ふと思ったんだけど、イワナ釣りが上手くなったって女にもて無いよなぁ~。俺達こんな事してて良いのかぁ?」

自営業FF「確かに!イワナ釣りが女の子受けする訳が無い!」

その時、我々はやっと気づいてしまったんですねぇ。飲み会で得意気にFFの話をした時、おねえちゃん達の「えッ?毛鉤でイワナ釣り!それが(如何したの)?」この反応の意味を。年間一千匹の渓魚を釣ることを目標にして来た我々は、以後「軌道修正」(爆)を余儀なくされます。女の子>イワナ釣りとなった我々は、その後どうなったのでしょうか?或る者は立派に「社会復帰」を果たし或る者は、未だに泥沼から抜け出せないで居るようです(笑)。
 今回の写真は新聞でボツになった物が出てきたんですね・・・う~ん、懐かしい!!
 


今年も解禁がやってきますね。


18:26 | イワナ釣り | comments (2) | edit | page top↑

やっと着いた!ハーブの里

年度末を控えて確定申告の準備。損益計算書・貸借対照表を見ると吐き気が・・・。こんな業者ばかりじゃぁ、国も税収が上がらないわけだ!

1月18日、mckeeさんが常連のハーブの里なるエリアに行こうと思ったんですがね、豊科インターまでは良いけど、その先が分からずに1時間さまよってタイムアップ。1月26日は、池田町方面は天気予報で真冬日だったから戦意喪失。で、今回・2月2日、三度目の出撃!!なにしろ、商売が暇で急遽思い立ったんで、道がよく分かりません。「ナビ使えばいいじゃん」って声が聞こえそうだけど、マス釣りするのに伊那谷から出る事はほとんど無いから、カーナビなんてもの必要無くて着いていません・・・と言いつつ
ホントはね!
 
 ↓
 
 ↓

 ↓


カーナビ着けるお金が無いのよ!(これだけは言いたくなかった・爆)。


CIMG0923-1.jpg午後2時半釣り開始。自分にとって、管釣りは解禁に向けてのトレーニングです。管釣り用のシステム使ってたくさん釣らなくたって良いんです!(←負け犬の遠吠え?)一般河川(本番)で使うシステムじゃないと意味が無いんです。と言う訳で、エリアの規模に対して?の8番ロッドに3Xのティペットで挑戦してみました。解禁直後の主戦場・本流ではマーカー着けて釣らないし、3番~4番ロッドも使わない、5Xや6Xのティペットも使いません。とは言いつつ、お金払った者としては「マーカーにエッグみたいなヤツが鉄板」で、そっちの方が釣れて面白いだろうなと思いますよね。

 いくら本番使用と言っても、チューブフライやでかいゾンカーは無理っぽいんで(笑)、シューティングヘッドのタイプ3にむか~し巻いたブラウンのモンタナマラブーで始めてみましたが、テールの長いのは駄目ですね。毎日、釣り人が入っているからショートバイトなんですね、追ってくるだけでなかなか喰わないし、たまに喰っても尻尾のマラブーかじられるだけで釣れません。次に同じパターンでも、テールが短くてライトオリーブのパターンに替えてみました。ペレット食べてる関係でしょうか?こっちのカラーの方が反応が好かったです、ドライフライみたいに着水と同時に喰ってくるヤツも居ました。3匹釣ったらスレて来たんで、カラーを赤に換えてみたけどサッパリです。ここで、マラブーとはオサラバして#12のソフトハックルにチェンジ。フェザントテールニンフにパートリッジのハックルを巻いた様なパターンなんですが、パターンが合ったのかサイズが合ったのか喰いが良くなりましたね。人が少なかったんで、扇状に徐々に距離を伸ばしながらキャストしてたんですが3~4匹掛けると、反応が悪くなります。20分毎にフライを換えながら、4時半まで釣ってタイムアップ。2時間やって12~13匹でしょうか、ニジマスがほとんどですがブラウンが一匹入りました。
 この規模の管釣りには8番はオーバーでしたね、ガンガン寄せてきて魚が弱らなくて良いんだけど、面白味に欠けるなぁ~。本番に向けてのトレーニングなんて言ってないで、5番くらいのロッドで釣れば面白いかもしれませんね(笑)。

 これにて、今年の管釣りは終了!!次に釣行記事をアップするのは解禁だ!
 
21:57 | マス釣り | comments (4) | edit | page top↑