イワナは石にもたれかかってる?

以前、釣り番組等メディアに登場される方が「イワナは石にもたれかかっているんです」って言ってたんですよ。石ギリギリにフライを流せ!って事なんでしょうけど、この「もたれかかる」っていう表現が実に上手いなぁ~って事で、気に入っちゃいました。で、「石にもたれかかる」イワナと釣りについて(まぁ、役には立ちませんけど)ダラダラと書きますのでお付き合い下さい(笑)。

IMG_3867point-1.jpg ここ、太田切川・黒川平の二段堰堤ですが、土砂で埋まって浅くなってます。規模の大小は有るけど渓流を釣り上っていると、似たような浅い堰堤ってありますよね。大抵、釣り人は下段堰堤の縁(青い○)に立って落ちる水の筋を釣ってますけど、先行者がジャブジャブ歩いてなければ魚って赤い○をはじめとする堰堤沿いに結構居ます・・・緑色の線は、砂に埋まった下段の堰堤。
 黄色の線が流れの筋なんですが、この場合流れが下段堰堤に当たってアルファベッドの「J」の字みたいになってます。流れがコンクリート製の堰堤に沿う様に流れて、その部分の砂が流され他の場所より深くなっていて、魚はそこに着いてる事が多いです。でも、見ていると皆さんこの部分釣らないんですよ!落ち込みに目が行っちゃうのと、流れが当たる部分以外はあまりにも浅くてポイントと思わないようです。まぁ、「竿抜け」とはチョッと違うけど、土砂で埋まった堰堤の盲点になってますね。イワナはしっかりと堰堤に「もたれかかって」餌を待ってますよ(笑)。

もう一つは、岸よりの川底に庭の飛び石のように埋まっていて、イワナの隠れる場所が無いように見える石、こいつもかなり有望です。特に、釣り人の歩きにくい方の岸側にあったら最高!石の下がえぐれて「いかにも居そう」なのは結構竿出をすけど、この手の石はまず竿抜けになってます。釣り人の目線からだと、安座布団のように厚みの無い石が見えるだけなので、とてもイワナは着いていない様に見えますが、それは俯瞰で見ているからで、立体的に見るとそうでもないんです。

CIMG0917.jpg 良い画像が無かったんで、(高価でなかなか開封できない)地酒・信濃鶴大吟醸に「底石」になってもらいました(爆)。ほとんどの底石って等しく砂に埋まってるんじゃなくて、どちらかに傾いていて、高く持ち上がっている方にイワナは着いています。右岸か左岸決め打ちでしか釣りあがれない場所の対岸側にこんな石が沈んでいたら竿抜けになってますね。釣り人側(流心側)が高い場合は水深が有って、流速がそこそこ無いと釣る前にイワナに気付かれちゃうから難しいけど、釣り人からブラインドになってる方(対岸側)だったら、先ず気付かれません。だから釣れる可能性大です。落差が小さくて、石も小さいメリハリの無い川ってポイントが少ないから、こんな場所でも結構良いポイントになりますね。イワナは安い座布団の様にうすっぺらく見える石に「もたれかかって」餌を待っているんでしょうね。

何だか取り留めの無い内容になっちゃいましたね。でもね、川の様子を思い出していたら、少しは解禁に向けてモチベーションが上がってきたぞ!!

21:41 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

管釣り対策

テレビニュースで、OL風の女性が「一年頑張った自分へのご褒美です」とか言って宝石買ってるのが映ってました。そうか!こう言うのは無駄使い「散財」とは言わないんだな!じゃぁ早速「ご褒美」をあげないと

IMG_0885.jpgまぁ、宝石買う訳にはいかないんで、シューティングヘッド5本とランニングライン、ワレット二個で勘弁しといてやりましたわ(笑)。フローティングからタイプ6まで、リオにはタイプ2が無かったので、これだけSAにしときました。これで、管釣りでも全てのタナをカバーできるでしょうか?比較的浅くて、魚うじゃうじゃの所はフローティング・インタミ・タイプ2あたりで間に合いそうですが、そう言う所で釣ったことが無いからなぁ~。
 mckee氏推奨のハーブの里FAなる場所は近そうだからその辺りで試してみましょう。9月の終わりに渓流でイワナ釣って以来、魚釣ってないからそろそろ禁断症状が出てきました。
 「ひょうたん湖」再挑戦ってのも有りですが、距離も大して変わらないし、こちらにしときましょ。
 まぁ、ひょうたん湖は来年の元日ですな(爆)←ホンとはね!戦意喪失、完全に白旗 m(_ _)m
 
 


22:55 | マス釣り | comments (2) | edit | page top↑

元日営業?の結果

明けましておめでとうございます。新年は一日より釣行「営業」(笑)致しました。結果は・・・
                             
          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

          ↓
          
          ↓ 

          ↓

どうぞ、バカを笑ってください。


三年連続?えッ、四年連続だったかな?当たりも無く晴天も無い、岐阜県中津川の「ひょうたん湖」元日釣行。中央道・「園原」辺りは晴れてましたから「今年は何かが違う」と思ったんですがね、「恵那山トンネル」通過したらあれッ!雪ですねぇ~。降ると言うより舞っている程度なんですが、気温は明らかに信州より下がってきてます。現場に着いてみると、やっぱり寒い!厚手のシャツにオイルドジャケットだけだったから、この寒さの中の釣りはチト苦しかったです。でも、去年はもっと雪が降っていたし、一昨年は今年と同じ位だったけどもっと寒かった・・・まぁ、似た様な状況なんで釣果も例年並の予感が(爆)。

↓去年と一番違うのは、今年はバカ釣り好きの人が少ないぞ!


CIMG0882.jpg
CIMG0879.jpg9f#8のロッドにシューティングヘッドタイプ3、マラブーパターンをオリーブ・ブラウン・ブラックのカラーを換えるだけで「投げちゃぁ引き、投げちゃぁ引き」を繰り返す、戦略も戦術も無しの実に無策男らしい釣りです。
 ご覧の様に広い管釣りですから、ロングキャストが出来る人が有利だとは思いますが、まぁ、自分の腕では、キャスト距離は25m位です。コンスタントに30m以上投げるなら、もうチョッとロッドに負荷をかけたほうが良さそうでしたが、向かい風でも確実にリーダーが伸びきるのは25~26mってとこなのでこんなものでしょう。左手に「ゴン」っと来る瞬間を期待して、ピックアップ、フォルスキャスト二回、シュート、カウントダウン、リトリーブの単純作業を繰り返します。が、な~んにも無し!開始から3時間後、午後3時30分、寒さでギブアップ。今年も予想通り例年並で有りました(涙)。

引っ張るだけの釣りじゃなくて、マーカー付けての釣りもあるんでしょうけど、自分の性格ではじっとマーカー見てるって事が出来ないんですよね。リトリーブする手に「ゴン」、これを味わいたいけど何時になったら「ゴン」は来るのでしょうか?
15:16 | マス釣り | comments (4) | edit | page top↑

新年のご挨拶

CIMG0751-2.jpg

00:00 | 未分類 | comments (10) | edit | page top↑