FC2ブログ

太田切C&R区間廃止について・・・その後のその後(笑

IMG_0877.jpgこれはお勧め!!この酒粕美味いよォ~、香りが二重丸!大晦日の夜は、こいつをかじりながら酒をいただきます。いやぁ~しかし、天気予報は雪マーク、2011年は「朝の雪かき」でスタートじゃないだろうなぁ。


太田切川C&R区間廃止について、我々よりほんのチョッと詳しい人から、話が聞けました。

先ず、前段階として(ご記憶の方も多いと思いますが)、地方紙「長野日報」11月27日付けの記事を引用させていただきます。

駒ケ根市の行政評価市民委員会(小原恒敏委員長)は29日、市の事務事業の評価結果をまとめ、杉本幸治市長に報告した。市依頼と委員会選定の案件合わせて31事業について検討し、16を「継続」、4を「拡充」、9を「手段改善」、2を「終期設定」とした。

 「終期設定」(時期を決めて廃止)すべきと判断したのは、太田切川の菅の台周辺に魚のキャッチアンドリリース区間を設けて観光振興などを図る事業と、子育てサークルの立ち上げを費用補助で支援する事業の二つ。

 キャッチアンドリリースについては、事業開始から10年近くがたち「役割は終わっている。新たな展開が必要」とし、・・・・以下略。
記事とすれば驚く内容ではないです。委員会で評価される以前に、漁協が一方的に廃止って言って来たそうだから、予算が付く方がおかしいです。それに、かねてから、この不景気な時に魚釣りに税金が投入されても良いのか?って駒ヶ根市民じゃなくても考えてましたからね。

 彼(事情にチョッと詳しい人)が惜しんだのは、「行政の継続性」の部分もあるけれど「行政はC&R区間に理解を示し、(金銭的には難しくても)バックアップしていく気は有った様なのに、漁協の一方的な通達でその機会が失われた」って事でした。また、漁協の言い分で「この区間は、組合員から解除要望も強く、また、菅の台や中央アルプスへの夏の観光客も多く、魚を釣って持ち帰りたいという家族連れも多く見られる」って言うのは、逆に考えれば「存続の要望が強ければ存続する」と言う事になるので、そう言った意見に対して如何対応するのだろうって言ってましたね。
 
 何度も言いますが、私も彼もC&R至上主義ではありません。が、この際、漁協は皆にビジョンを示してほしいと思っています。

 今後、漁協から如何いった意見が出てくるか?注視していきたいと思ってます。

それにしても年末にしては、つまらんネタだなぁ。明るいネタはないのか(笑)。

19:46 | 太田切川C&R区間 | comments (4) | edit | page top↑