FC2ブログ

おったねぇ~     ※方言で「居たねぇ~!」

お盆明けなのに河原に足跡なし!と言う事で、ここは超不人気河川なんですね?


と言う事は、











釣れねぇんだ!(爆)


だけどねぇ~、今回は嬉しいお話(嬉)
一ヶ月ぶりの釣行は、以前釣った川の上流部。事前の情報全く無し、頼りは自分の勘と運、久しぶりの博打釣行(笑)ですね。標高1,100m、まぁ、車を停めて何時間も歩かないし、なんてったって我が家から30分掛からないからボツでも良いや。
 早速、入渓。繰り返しますが足跡無し。下流部はポツポツとイワナが釣れる事はわかってるけど上流部はどうなんでしょうね。でも、今日は下流部でもイワナの反応が良いですよぉ~フッキングしないけど(爆)。

CIMG0723-1.jpg

釣り開始から30分やっと釣れたイワナ。ヤマトイワナっちゅうやつですね。この辺りは、木が被さってるから通常のキャストが出来ません、でボー&アローでキャストして出た一匹・・・でもね、この使い方ばかりだと「違うぞ」ってビルダーの声が聞こえてきそう。

ロールキャストとボー&アローの併用なんでフライの水分が飛びません。フライはすぐ沈むし、暗いから釣り難い事この上なし。上流はどうなってるのかな?



CIMG0728-1.jpgイワナは居ました。釣れるのは全部ヤマトイワナ!!ネイティブって奴ですね。源流部じゃ無くても小さな沢じゃ無くても居る所には居るって事でしょう。上流部は土砂が出ていて、ポイントが少ないですが、その分狙う場所がハッキリしてます。釣り人の少なさも関係してるのか、大場所には良いのが入っていて単純明快(笑)。イワナの反応もおおらかで、音にすると、スーッ(とフライに近づき)パクッ(と喰う)そんな感じですね。
このイワナは28cm。


CIMG0730-1.jpg釣れるイワナはこんな感じです。良い色してんなぁ~♪。



 予定の2時間半が過ぎてタイムアップ。納竿の前に、最後のポイントを釣ってみることに。小さなプールですが、まず流れ出しで一匹。次に、左岸側に出来た反転流、良い感じで「泡」が浮いてます。しつこく流すも反応は無くて、右岸側の反転流にキャスト。こちらは浅いから居そうも無いけど、狙いたい場所が有って中央にポジション取りたいから念のため。ヤッパリ反応は無いですね。次に本命。先ほど釣った左岸反転流の上流に石が入っていて、その向こう側にチョッとした水溜りが出来ています。「居る」「なんか分からんが居る」そんな感じのポイントでしたね。フライが落ちたら「スー」「パク」、イワナの型が良くなって来てたんで、一匹毎にフライとティペット結びなおしてたから5Xの強度を信じて強引に障害物から引き離してネットイン、ジャスト30cmでした。川通しで帰らなきゃいけないから、これにて終了。まだ上流にイワナは居ますね!今シーズンあと一回は釣ってみたいなぁ。結局、イワナ6匹、最大30cmでした。急斜面を降りた入渓地点の辺りが魚影が濃かったですね。上流は土砂が出てポイントが埋まっていたからしょうがないか。ところで勘は当たったかな?(笑)
CIMG0734-1.jpg


※2010年、イワナ67匹、アマゴ28匹、ニジマス1匹。

23:11 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑