更新が無いけどついに?

いいえ、何とか事業継続中(笑)。で、最近、やっと薄々気付いた事が・・・



どの政党が政権にいても、自分が働く業界の個人事業主にとっては景気回復は無いんじゃねえか?早い話、国は大企業寄りの政策しか出してこないってことを、今になって気付いてしまった(遅すぎ!・爆)。

それと・・・もう一つ!重要な事にも


                    ↓




                    ↓



          
                    ↓





釣りに消費しているエネルギー、仕事に向けた方が良いんじゃねえか?(爆×2)

以上、暗~い前振り。



渓流でイワナ釣りをする時、注意するのがツキノワグマとの遭遇なんですが、最近気になる話が・・・。
 「蜂追い」をする友人が、ここ数年頻繁にツキノワグマに遇う様になったとの事。「今年も6月までに3回遇った!」「遇う回数はここ数年増えてるし、子グマが多い」「この周辺に限って言うと、クマは絶滅しそうな動物じゃないよ」「ニホンカモシカと同じ感覚だぜ」「山奥ではなくてもクマは居る。気をつける事だ!」
 彼は研究者じゃないけど、終日山野を駆け回る「蜂追いバカ(失礼)」ですからね。耳を傾けることが多いです。


地方紙の書評欄を見ていたら、時期を同じくして対照的な本が出版されていました。一つは伊那谷在住の写真家、宮崎学さんのhttp://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=sinnsyumasuts-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4046214252&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>" target="_blank" title="となりのツキノワグマ">となりのツキノワグマ、帯には「クマがこんなに写っていいのか!?・・・略・・・一歩山に入ればクマはいる、あなたのとなりに!」。もう一冊は、長野市在住(なのかな?)の宮澤正義さんのhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4046214252?ie=UTF8&tag=sinnsyumasuts-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4046214252">家族になった10頭のクマ</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=sinnsyumasuts-22&l=as2&o=9&a=4046214252" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />" target="_blank" title="家族になった10頭のクマ">家族になった10頭のクマ。日本熊森協会第一顧問と言う肩書き?を持つ、宮澤さんの著書の帯には「かつて森の王者といわれたクマが、いまや絶滅寸前。・・・略・・」えッ!あれッ?伊那谷では増えてて、北信では減ってんのかな?結局、長野県でクマは増えてるの減ってるの?読み比べてみると、対立する意見があって、例えば「山林の荒廃」は必ずしも野生動物にとってマイナスではない!と論じる宮崎さん、針葉樹の植林によってえさ場を失ったため人里にクマが出てきた!と論ずる宮沢さん、面白いですよ。どちらかと言うと宮沢さんは情緒的、宮崎さんは実証主義、写真から何が読み取れるのか?って感じですね。是非、読み比べた他の方の意見を伺いたいものです。
 
 実は、このブログに両方の本をもうチョッと詳しく書いたんですが、保存に失敗して消えたんで断念いたしました(涙)、もう一回書き直す労力は仕事に使いましょう(笑)。釣りと一緒で、暫らくPC弄ってなかったからなぁ~(笑)、操作の仕方忘れちゃったよ!

 


18:43 | 未分類 | comments (4) | edit | page top↑

更新が滞ってますな!

円高も株安もな~んも関係が無い、不況産業の自営業FF。何故か知らないが忙しくて釣りに行けません。イワナ釣りブログが釣りに行けないんじゃしょうがねェや(笑)。


※↓チョッと長いですが、バカにお付き合い頂ける方、宜しかったらどうぞ!





12:37 | 未分類 | comments (8) | edit | page top↑