FC2ブログ

ズバリ!10日後でしょう(?)

フライが無い、弾切れ。20年前に巻いた(多分浮かない)EHCにハックルを巻いてリニューアル。お蔵入りフライの再生、う~ん、ECO!!

まーちゃさんとの釣行(実は家が近所)。単独釣行が多い自営業FFにとって、人様の釣りを見る非常に良い機会ですね。先ず、川選びから。「初夏を思わせる天候が続いたんで水量・水温ともに良い感じで、イワナが瀬に出始めて、ドライフライで大釣りだ!!」(安易ですな・爆)と言う事で、過去5月下旬実績の高い某川に決定致しました。あの時は「オドリバエ」が飛んでたなぁ~。それに対するライズも有ったし。でも、今年はそこまで条件は良くなさそうですけどね。

13時10分、入渓。本命場所二投目でイワナ24cm。痩せてますね、やっぱり季節が遅れているんだな。予想外だったのは、好天が続いたのに雪融けの影響か増水してた。ウェーダー越しに水の冷たさも伝わってきます。増水&低水温でドライフライによる「大釣り」は無理っぽいですね(笑)。

開始直後「いかにも」って言うポイントから釣れて来たって事は「先行者は無し」で意見が一致しました。週末も入らなかった可能性大です。右岸と左岸、ポイントはほぼ同数、まーちゃさん左岸、自営業FF右岸で本格スタート。

早速ダブルヒットの好スタート!でも、こっちは後が続かん!向こうは見る度に竿が曲がってる。この違いは何なんでしょうね?腕も有る!確かに有る!(笑)、でもそれだけじゃないですね。水深はほぼ一緒、でも流れは向こうの方が遅い、どうも「浅くて、流れが遅い場所」のみがポイントなんでしょう。結局ここでは、まーちゃさん4匹、自分が2匹のダブルスコア。で、上流へ移動。

CIMG0608-1.jpg
↑このイワナ、この朱点、見る人が見れば何処の渓のイワナか分かりますね(笑)。同じ渓でも木が被っている所だと黒っぽいですが、コイツは開けたプールの流れ出しで喰ってきました、25cm。大場所では、魚影が幾つも確認できますが、深い所に居るヤツは水面まで出ません。今日の方針が決定しました「どんなに良さ気な場所でも水深が膝上ならダメ」「浅くて流れが遅い場所、石が入っているとなお良し」早い話、大場所は捨てました。

CIMG0619-1.jpg
イワナ釣りの王道ポイント、「白泡が浮いた反転流」も反応が無い。小さな沢が流れ込む水深10cm程の場所で釣れた29cm。痩せてて細いですねェ。掛けた時は、対岸にいる、まーちゃさんに「デカイ!尺イワナ」なんて言ったけど、足りなかった(恥)。

16時30分まで、移動時間も入れて3時間半程釣りましたか、6匹釣ってタイムアップ。まーちゃさんも同じくらいか、もうチョッと多いかもしれませんね。右岸左岸に分かれて釣り上がる、こう言うのも良いですね。対岸のポイントは全部向こうのモノ。最初から「目の前のポイント全部釣ってやれ」なんて気が無いから、ガツガツしなくて良いや。

結論、あと一週間?10日?水量が落ちれば、ピークが来るんじゃないのかなぁ。やはり、五月末は良さそうですね。

まーちゃさん、往復の運転&お付き合い頂きありがとう御座いました。5月29日・30日好い釣りを祈ってますよ!

※2010年、イワナ24匹、アマゴ・・・17日に一匹釣って・・・24匹、ニジマス1匹。本流は、18日の早朝釣ってみたけど、ヘッドを取られて終了、現在沈黙中。



08:40 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑