5月営業終了(辛かった!・涙)

五月の営業終了。不景気です、現金が入って来ねェ~。帳簿では売り上げが有っても回収が思わしくなくキャッシュフローが・・・・・・ウッ、計算書見てたら吐き気が。危ないのは鳩山政権だけじゃないぞ!(笑)

CIMG0635.jpg
本流に向かう途中、犬が居るのかと思ったらキツネでした。デジカメ取り出して記念撮影。PCで画像を確認してみると、白い靄の様な物に包まれてますね。これは、何かの霊?

 運転席からフロントガラス越しに撮ったんで、ダッシュボードの上においてあった書類が反射して写ってました。なるほど、全ての超常現象には物理的な裏付けが有る(爆)。

 本流はサッパリ当たらなくなりましたね。アマゴは何処へ行ったんだぁ。そろそろ流れの速い瀬に着き出していると思うんですが、結果が出ませんね。渓流に逃げたくなりました、こっちなら間違い無く釣れるし、ドライフライでテンポ良く釣り上がるのに好い季節ですよね。キャストしたフライにオドリバエがまとわり着いて来る様になったんで、面白い釣りが出来るでしょうね。3時間くらい作れないかなぁ~、テレストリアルパターン持って行って来るんだけど。

※2010年、アマゴ25匹、イワナ25匹、ニジマス1匹。51匹って、一日で釣れそうな数ですね。こっちも不景気?


19:17 | 暇つぶし | comments (0) | edit | page top↑

某川のヤマトイワナ

「日本全国を釣り歩けない」地元密着アングラー。車で30分以内には、未だ未だ釣った事の無い川があるぞ!


「その川」を横切って、或る川に通ってました。もう20年以上になるかな?でも、土砂の流入で浅く、川幅も狭い上に、頭上が木に覆われている「その川」をFFで釣ってみようとは思わなかった。或る時、山菜取りが趣味の人と話をした際「水源に近いところまでイワナが居たよ!」って話をしてたんですね。何処の川か分からないし、「何処?どこ?教えて?教えて?」の「教えて君」じゃないから(笑)、訊く気も無かったんですが「イワナの居た川」の地形が「その川」に似てるな?って思ったんですよ。もしかしたら「その川」の上流部(殆ど源流部)にもネイティブが居るんじゃないか?期待は膨らみました。

 車止めに到着。初めての場所だから川へ如何降りていいか分からない(笑)。結局、急斜面を下る事になったけど、途中「ここから落ちたらヤバイよなぁ~」「今回の釣りは無謀だったかな?」なんて事が頭に浮かんできましたね。で、川に下りたら下りたで、魚の気配が無い!数日前の雨の影響でしょうかね?土砂が出ていて、底石が埋まってます。イワナの着き場が少なそうです。一匹でも走ってくれれば救われるけど、それも無い。

 7.5fのバンブー使ったんですが、ギリギリ執り回しが効く長さで、もうちょい短い方が良かったですね。リーダーも7f位にして、障害物でフォルスキャストが出来ないからボー&アローとロールキャストで対応しました・・・こればかりだとビルダーは泣くだろうなぁ(笑)。


釣り始めてから30分、やっと出た!結局、ばらしたけど魚は居ました。その後、魚影も確認出来たから、間違いなくイワナらしき魚が居ることを確信しました。藪沢と言うほどではないけど、フォルスキャスト無しのロールキャストの連続。フライが乾かなくて直ぐ沈むからフロータント着けたりフライそのものを換えたりで、スカッとした釣りが出来ません。


CIMG0632-1.jpg


一時間の予定時間、タイムアップ間際に釣れたヤマトイワナ、23cm。この渓のネイティブは朱点はハッキリしてるんだけど小さいですね。先日、まーちゃさんとの釣行でのヤマトイワナと比べてみます。

先日のイワナ。今回釣った川の近くを流れる某川のネイティブ
CIMG0608-1.jpg
今回のイワナ。朱点が小さいし数が少ないですね。
CIMG0633-1.jpg

ショートロッドを持ってこの川を詰めてみるのも面白いかもしれませんね。帰宅後、カシミール3Dで、確認してみたら等高線の間隔も広いし(傾斜が緩い)、尾根も近いから半日有れば水源まで行けるんじゃないですかね。きっと、水源に近い所までイワナは居ると思います・・・熊も居そうだけど(爆)。また一つ楽しみが出来ましたね、最上流部まで釣った時は、拙ブログにてご報告します(まぁ、楽しみにしている人は少ないと思うけど)。


※沢釣りの便利グッズ。釣行前夜、PC弄りながらワクワク、釣行後PC弄りながらニヤニヤ、そんな風に使ってます。




22:38 | イワナ釣り | comments (2) | edit | page top↑

寒さの次は雨か!

あれッ、梅雨に入っちゃった訳じゃないよね?

CIMG0623.jpg

例によって仕事の合間に釣ってやろうと思ったけど、この雨じゃあダメだった!臨戦状態のホィットレーとリチャードソンチェストフライボックス、ウォータープルーフ使用じゃないのが昭和テイスト(爆)。しかもリチャードソン、ストラップの色が落ちるんでお気に入りのシャツは着られなかったんですが、ネットで見る限り材質が変わってる様です。色落ちしなくなったのかな。この雨の増水が落ちたら、渓流は最盛期突入じゃないですかね。
※フライボックス、両方とも好い感じでくたびれて来ましたね。使ってる人間と一緒だな。

CIMG0624.jpg
母親が居る施設から書類が来ました。お題は「看取りについて」。中身を見ると「延命措置を希望するか?」「臨終を迎えるのは施設か自宅どちらを希望するか」等々、家族の意見を聞きたいとの事。本人は「延命措置無用」「高い良い戒名無用」なんて言ってたけど、倅として如何するか?考えさせられました。祖父さん、祖母さん、父親、皆自宅で死んでるしなぁ・・・。酒飲飲みながら釣りしながら考えてみましょう。


21:23 | 暇つぶし | comments (0) | edit | page top↑

ズバリ!10日後でしょう(?)

フライが無い、弾切れ。20年前に巻いた(多分浮かない)EHCにハックルを巻いてリニューアル。お蔵入りフライの再生、う~ん、ECO!!

まーちゃさんとの釣行(実は家が近所)。単独釣行が多い自営業FFにとって、人様の釣りを見る非常に良い機会ですね。先ず、川選びから。「初夏を思わせる天候が続いたんで水量・水温ともに良い感じで、イワナが瀬に出始めて、ドライフライで大釣りだ!!」(安易ですな・爆)と言う事で、過去5月下旬実績の高い某川に決定致しました。あの時は「オドリバエ」が飛んでたなぁ~。それに対するライズも有ったし。でも、今年はそこまで条件は良くなさそうですけどね。

13時10分、入渓。本命場所二投目でイワナ24cm。痩せてますね、やっぱり季節が遅れているんだな。予想外だったのは、好天が続いたのに雪融けの影響か増水してた。ウェーダー越しに水の冷たさも伝わってきます。増水&低水温でドライフライによる「大釣り」は無理っぽいですね(笑)。

開始直後「いかにも」って言うポイントから釣れて来たって事は「先行者は無し」で意見が一致しました。週末も入らなかった可能性大です。右岸と左岸、ポイントはほぼ同数、まーちゃさん左岸、自営業FF右岸で本格スタート。

早速ダブルヒットの好スタート!でも、こっちは後が続かん!向こうは見る度に竿が曲がってる。この違いは何なんでしょうね?腕も有る!確かに有る!(笑)、でもそれだけじゃないですね。水深はほぼ一緒、でも流れは向こうの方が遅い、どうも「浅くて、流れが遅い場所」のみがポイントなんでしょう。結局ここでは、まーちゃさん4匹、自分が2匹のダブルスコア。で、上流へ移動。

CIMG0608-1.jpg
↑このイワナ、この朱点、見る人が見れば何処の渓のイワナか分かりますね(笑)。同じ渓でも木が被っている所だと黒っぽいですが、コイツは開けたプールの流れ出しで喰ってきました、25cm。大場所では、魚影が幾つも確認できますが、深い所に居るヤツは水面まで出ません。今日の方針が決定しました「どんなに良さ気な場所でも水深が膝上ならダメ」「浅くて流れが遅い場所、石が入っているとなお良し」早い話、大場所は捨てました。

CIMG0619-1.jpg
イワナ釣りの王道ポイント、「白泡が浮いた反転流」も反応が無い。小さな沢が流れ込む水深10cm程の場所で釣れた29cm。痩せてて細いですねェ。掛けた時は、対岸にいる、まーちゃさんに「デカイ!尺イワナ」なんて言ったけど、足りなかった(恥)。

16時30分まで、移動時間も入れて3時間半程釣りましたか、6匹釣ってタイムアップ。まーちゃさんも同じくらいか、もうチョッと多いかもしれませんね。右岸左岸に分かれて釣り上がる、こう言うのも良いですね。対岸のポイントは全部向こうのモノ。最初から「目の前のポイント全部釣ってやれ」なんて気が無いから、ガツガツしなくて良いや。

結論、あと一週間?10日?水量が落ちれば、ピークが来るんじゃないのかなぁ。やはり、五月末は良さそうですね。

まーちゃさん、往復の運転&お付き合い頂きありがとう御座いました。5月29日・30日好い釣りを祈ってますよ!

※2010年、イワナ24匹、アマゴ・・・17日に一匹釣って・・・24匹、ニジマス1匹。本流は、18日の早朝釣ってみたけど、ヘッドを取られて終了、現在沈黙中。



08:40 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

いいじゃん太田切川

腰痛・胃痛・不景気、三重苦の中の釣り。どれか一つにならんかなぁ。

色付け失敗?そんな印象のアマゴ。朱点はもう少し控えめの方が宜しいかと・・・
CIMG0589.jpg

お約束?本流の釣果から。5月13日、一回当たったけど乗らず。5月14日さっぱり(笑)。着き場が変わったか?・・・分かりません。試行錯誤が続きますね。
 5月14日、仕事の合間11時10分、太田切川13号堰堤から釣り開始。ここは良いですよね。車から即川に入る事が出来ます。ウェーダーなんて履かずに(何しろ「仕事中」ですから)、テンポ重視でドライフライの釣り。反応が良いですねェ~。水深が有っても流れが遅ければ、水面まで出てきます。40分釣ってアマゴ4匹でタイムアップ。これ、ウェーダー履いてしっかりやればもっと釣れましたね。#12のジャシッド良く働いてくれました。これは、午後も都合がつけば釣ってみたくなって来ましたよ!

 午後はここから釣り開始。黒川平の堰堤下流でアマゴ4匹、堰堤のプールで2匹、堰堤上でイワナ2匹、アマゴ4匹で終了。ここでもジャシッド良い仕事してくれました。EHCでも良さそうですね。堰堤のプールでは小さいフライへの反応が悪くて、シルエットが大きい方が反応良かったです。ウェット使ったら一匹釣れたけど、これは例外か。
 今の季節は、色々なフライを試すと面白そうですね、兎に角釣れるから。スタンダードパターンなんて良いんじゃないですか。機能性最優先のフライ(パラシュート等)以外も、使ってみると面白いですね。魚が居る事は分かってるんで、楽しみ方が色々有るんじゃないかな。

※2010年、イワナ18匹、アマゴ23匹、ニジマス1匹。おッ、太田切効果(笑)でアマゴが逆転したぞ!

拙ブログより、こちらを見よ!
<<伊那谷の釣りは、たったんさん!>>

<<太田切効果についてはこちら!SHIGEさん>>

<<更新頻度高いよ!下伊那はけばりさん>>




10:30 | 太田切川 | comments (2) | edit | page top↑

釣れるには釣れるんだけど・・・ねェ

5月10日、いつも早朝の本流を時間を変えて釣ってみた!時間が変われば着き場は変わるのか?アマゴ以外も釣れて来るのか?結果は・・・

CIMG0581-1.jpg

全く反応無し!先行者の有無も有るから、時間の違いだけじゃあ片付けられませんがね。まぁ、腕も有るし・・・これが一番の原因か(笑)。画像は5月11日の早朝ですが、10日も同じ様な濁りでしたね。

ここ数日は、ウェットとストリーマーの中間みたいなフライを使ってますが、反応が良いですねェ。ボディーをティンセルで巻いてあるんですがこのヒカリモノが良いんでしょうか?リードフライに結んで、ドロッパーにパープルゾンカーを結んでみたんですが、リードにばかり来ます。原因はフライパターンか?ただ流し方に問題が有るのか?このフライをドロッパーにして試してみました。結果は、ドロッパーのほうに来ましたね。ヤッパリ、ヒカリモノが良いのかな?濁りが関係が有るんでしょうかね?ゾンカーとの組み合わせとは関係ないと思うけど。


5月11日・6時20分、流芯を外れて最初のリトリーブで来た痩せた銀化アマゴ21cm。釣れないよりは釣れた方が嬉しいけど、もう少しデカイのは喰ってこないのかいな?その後、もう一匹掛けたんですが、魚を水面に出したからばれました。似たようなサイズでしたね。25~26m下流だったけれどラインを通してアマゴらしい暴れ方が伝わってきました。チョッと残念!

CIMG0580-1.jpg


※2010年、イワナ16匹、アマゴ9匹、ニジマス1匹。本流でアマゴばかり釣れる年って珍しいなぁ。


10:26 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (6) | edit | page top↑

アマゴばかり!これを如何見る?

合コンで30歳の男が来ていたら「オッサンが何しに来たの?」って思った20代。で、「な~んだ、30代でも大丈夫じゃん!」って思った30代前半。小学生にオジサンって呼ばれて「えッ」って思った30代半ば。で、明らかに年上の業者(見た目も実年齢も)が、自営業FFを年上だと思っている事に気づいてガックリ来た現在。薄々感じていたんですが、世間では我々世代を「オジサン」と呼ぶらしいですねェ。
(注)「オッサン」じゃ無くて「オジサン」ね。これ、小さなこだわり(爆)。


5月9日・本流、午前5時50分釣り開始。7日の雨の影響は無いですね。強いて言うなら「代掻き」による濁りかな。ヘッドが流芯を横切り岸に寄って来た所でリトリーブ、3回目にバイト、アマゴ22cmでした。ここ数日、キャッチした小さいアマゴは全て流れが緩い場所ですね(イワナが掛かりそうな場所)。朝は流れが緩い所に着いてるのかな?じゃぁ、沈みの遅いライン使って岸ギリギリまで流してみる?でも、デカイのは流芯寄りの底に居そうだし、わからん!もう一つ分からないのが、リトリーブ3回目4回目で喰ってくるから如何言う事でしょ?今まで釣った本流の魚は、スウィング中かリトリーブ一回目でのバイトが殆どだったんですがね、違うんだよなぁ~。わからん事が多すぎます、解決するには釣れなさ過ぎる(笑)。上手い人に聞けば、ヒントが有るんでしょうが先生が居ない自営業FFには実践で解決するしかないですね・・・手間と時間が掛かるけど、そこが楽しい。だから、FFは止められん。
CIMG0576-1.jpg

今までは、釣れる魚の八割がニジマスだったのに今年はどうなってるんですかね?ニジマスは何処へ行った?イワナは?(まぁ、イワナは水温が上がってくると出難いですけど)。小さいとは言え、ここ三日間(時間にして3時間位)で4匹か!これは、自分の腕では考えられない釣果ですよ。何かが起きているんでしょうか(笑)。



まぁ、何も起きてないでしょう(笑×2)。

※2010年、イワナ16匹、アマゴ8匹、ニジマス1匹。正に牛歩状態の伸びですな!

17:00 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (0) | edit | page top↑

本流を釣ってみる

禁漁まであと五ヶ月。月15回として70~80回の本流釣りが出来る訳か!餌釣りやルアーで上げられない様なヤツを釣ってみたいよ。

5月7日・本流、5時30分釣り開始。ここで釣るのは3年振り。かなり浅くなってるなぁ。流れが対岸の大岩にぶつかって巻いてますね。手前の流れをクリアーしないと上手く流せないや。しかも、流れにメリハリが無くてポイントが分からん(笑)。ただ、扇状に流すだけで戦術無し。帰り際、高い場所からポイントを見るとかけ上がりが出来てるから、肩の部分に着いてそうですね。シンクティップでやってみるかな?で、一回戦終了。

車で移動して、6時15分二回戦開始。ヘッドが流心を外れて岸に寄ってきた所でリトリーブ。「コツン」と当たりました。ロッドを寝かして、ラインを手繰って来ると手応えが全く無い位の小物。扇風機の羽根の様にクルクル回ってるからアマゴですね。う~ん、銀化アマゴ18cm。以前にも書いたと思うんですが、小型のアマゴって群れて居るんですかね。連発するケースが多いです。撮影は後回しにしてキャスト。再開後3投目、リトリーブ中根掛りしたんでロッドティップを煽って、外してリトリーブ再開したらバイト!当たりは良かったんですけど、ヤッパリ手応えが有りませんねェ、パーマークがハッキリしていて朱点が無いアマゴ18cm。これより一回り大きいのが太田切川の13号堰堤周辺にワンサカ居たような気がするなぁ(爆)。川の規模から言って、せめて20cm越えて欲しいよォ。その後、かすりもせず早朝の釣り終了。

以前はストリーマー中心に組み立てていたからなのかな。こんな小さい魚掛からなかったんですがね。#6や#8のウェット使っているからフッキングしちゃうのかな?進歩しているのか?退化しているのか?独学でやっている自分には良く分かりません。


一応「天竜差し」二体。下段の魚体は朱点が無いでしょ!
CIMG0571-1.jpg

CIMG0574-1.jpg


※2010年、イワナ16匹、アマゴ7匹、ニジマス1匹。この水系に居るアブラビレ全て達成?。

19:30 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑

本流&渓流・・・ダブルヘッダー

連休終了。さぁ、釣りだ!

CIMG0565-1.jpgふとんから出るのに30分、やっと這い出して5時45分釣り開始。田圃に水を引き始めた本流は、20cm程水位が落ちて代掻きの影響で濁りが入ってますね。シングルハンド#8だとSTSタイプ4が扱い難かったんで、今日は15f・#10のスペイロッドを持ち出しました。これで、顔の横をフライが通過する事は無いでしょう。
 スペイライン規格で#10/11が乗るロッドだから、30cm位の魚じゃあロッドが曲がらずにバラシを連発しそうですね。以前、カプラスのランドロック使ったらティップが曲がらずに魚が弾かれてました。まぁ、#12ロッドで30cm位の魚じゃあしょうがないですけど・・・そんな心配はね、先ず掛けてからしろよ!って声が聞こえて来そう(笑)。


CIMG0564-1.jpg6時15分、スウィングが終わりリトリーブをした一発目、バイト!ジャンプしたから魚種&サイズも分かりました、ニジマス21cm。確かに、竿は曲がりませんでしたねェ~(爆)。手取川鮭釣りの時使ったモノフィラ4号をティペットで使ってたんで、ガンガン寄せて来て最後はゴボウ抜きでした。この一匹でタイムアップ。
 でも今日は、これだけで終わらなかった。



CIMG0566-1.jpg仕事帰り、渓流に寄って見ました。準備が整って始めようとしたら「こんにちは!」マイスター登場。この川のマイスター、拙ブログにコメントを頂くまーちゃさんが釣り上がって帰ってきたところでした。「ここ釣り上がりました」「反応良かったですよ」、マイスターのあとか!キツイなぁ。で、やっぱり反応無し。20分位で終点の堰堤手前まで来ちゃいましたね。その間全く反応無し!諦めていたら、開きにイワナが出て居るのを発見。9寸位?頭上を2~3回流しましたけど無視。フライをパラシュート#14から#12のジャシッドへ交換、ティペットも6Xを1mほど継ぎ足して全長13f程にしてみました。一発で出ましたねェ~。「ポコンッ」って感じで喰ってきたんですが、フックアウト(泣)。どうやら、このフライの方が良さそうですね。

CIMG0568-1.jpgジャシッドは反応が良かったなぁ。結局3匹出て2匹掛けて、一匹だけキャッチ。フライを換えたのが正解だったのかは不明。移動の時間も含めて一時間半程釣ったかな、結局イワナ24cm1匹。


※2010年、イワナ16匹、アマゴ5匹、ニジマス1匹。ちっとも増えないッ!

23:00 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑

2010年太田切川情報・・・役立たずでスマン!

釣りしたいなぁ~。GW早く終わって欲しい。


CIMG0062-1.jpgアクセス解析を見ると、天竜川・太田切川・中ア・南アの釣りがサーチワードになっていますね。釣行の情報収集にご覧頂いた皆さんスミマセン。ねッ、何の参考にもならないでしょ?(笑)。特に、当方人様が休む時は忙しいとされる商売でして、当然GW中は殆ど釣りは無しです(ビミョウな言い回し)。まぁ、予想としては、天候も幸いして各地で好いニュースが聞こえるんじゃないですかね・・・と、差しさわりのない事を言っておきます。
 太田切川、直近の状況はこちらで確認してください。
 5月2日、太田切川・GW中唯一の釣り。17時から40分、合わせ切れ一回でタイムアップ。フライが弾切れ、#10のジャシッドで釣ってみましたが、突くけど喰わない。サイズが大きすぎるんでしょう。まぁ、当たり前か(笑)。

09:10 | 太田切川 | comments (4) | edit | page top↑