寒いッ!春じゃないじゃん!

もう春のはずなんだけど・・・
定点撮影している景色を見ると、あまり変わらんなぁ~。下伊那の方では、桜の開花が報じられてますけどこの辺は・・・

1月中旬・・・露出アンダーで暗いけど雪の量は少ないですね。 
CIMG0344-1_20100327135550.jpg

2月上旬
CIMG0350-1_20100327142354.jpg

3月下旬・・・多少雪が減ってますか?魚釣りには未だ未だですね。画像を比べて見ると、春は未だ遠いか?
CIMG0509-1.jpg

3月26日、渓流釣果ゼロ。20分位やってみましたか。水量が多いし、寒いんで撤収。魚の居る場所は分かりますけど、フライで釣るにはチト苦しい水量でした。釣果伸びません(泣)。

14:18 | 暇つぶし | comments (4) | edit | page top↑

渓流も本流も・・・釣れません!

せめて半日、釣りをしたい!欲を言えば、景気が良くて忙しいけど土日以外釣りをしたい!・・・欲は際限が無いですな

3月22日、渓流・釣果ゼロ。40分ほど釣ったかな?前日の雨で増水してますね、ウェットとニンフ、さらにはドライも使いましたが、途中雨が降ってきて撤退。大した雨じゃなかったけど、洗濯物を干したままだったんですね。オッサンが洗濯物の心配をしながらのFFは何か笑えますね・・・あ~ぁ、濡れなくてよかった♪。

↓50UPはあれから釣ってないな~。
photo18.jpg3月23日、結果言っちゃうと、本流・釣果ゼロ。濁ってますね、まぁ、この程度の濁りなら釣れた事があるから始めてみました。9f#8のロッドにタイプ3、9.1m、250グレインのヘッドでやってみたんですが、根掛かりが一回も無かったから、底取って無いんですね。STSタイプ4、450グレインを使った時は、根掛り連発でフライのロスが激しかったんで、ヘッド換えてみたんですが沈み足りない感じですね。タナに入ってないと釣れる気がしないなぁ。上流にリーチ掛けてダウンクロスに投げ、フライ先行で流していってリトリーブ、ピックアップ、フォルスキャスト無しか1回でキャスト、これの繰り返し。下流から風が吹いているからフライ先行で上手く流れて行くんですが、ノーバイトでした。まぁッ、本流では当たり前の事です。釣れる時の方が珍しいんだから(爆)。

本流はダブルハンドの方が楽ですねェ、改めて実感。ピックアップ、シュートで済むから。シングルハンドだと、上手い人は知りませんが、自分の場合だと流し終わってリトリーブ、ヘッド後端がトップガイドに入ったら前方に打ち返してピックアップ、フォルスキャスト、シュートですから、動作が多いとトラブルが増えて(特にランニングラインのからみ)、リズムが悪いです。因みに、スペイキャストと言うヤツは出来ません!フラットビームにシューティングヘッドの昭和テイストで釣ってます(笑・たまに、なんちゃってペリーポークも)。

2010年、解禁から一ヶ月以上経過しましたが、イワナ5匹、アマゴ2匹のおとなしい釣果。


<<私の解禁一ヶ月の全釣果より釣ってます!たったんさん>>

<<始動!!SHIGEさん>>

<<下伊那はけばりさん>>

<<たびたび紹介の古本信州の渓流釣り (1983年)と同じ著者の魅力あふれる信州の清流釣りカシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータの組み合わせは如何でしょう?>>

<<上伊那~下伊那にかけてどんぶり街道が有るって知ってます?>>

13:00 | マス釣り | comments (2) | edit | page top↑

太田切川を釣ってみた・・・その2の補足(みたいなもの・笑)

拙ブログの太田切川釣行で、度々登場する「13号堰堤」。場所はこちら!蕎麦処「苔清庵」を目印にすると良いかも。因みに此方の蕎麦お奨めです。当方、ご主人とはお店を始める前からの知り合いで、大いにお世話になってます。このブログの影響など微々たるモノですが、御覧頂く皆様に、「13号堰堤」にかこつけて、改めてここで紹介致します。多少なりとも売り上げに貢献出来ればと(笑)。
マークが「苔清庵」、横を通る道路の突き当りが「13号」、お間違いなく!

CIMG0498-1.jpg魚の小ささを、画像の大きさで補ってみました。
3月16日、釣果ゼロ。3月17日、釣果1・イワナ21cm、3月18日、イワナ15cm(体調制限以下でカウントせず)で、釣果ゼロ。で、四連荘の19日、釣果ゼロ。17日と18日が太田切川でした。短時間なんで、何とも言えませんがね、魚が居ない事はありませんッ(笑)。



CIMG0500-1.jpg水量はこんな感じですね!平水でしょうか?魚が居る筋と居ない筋がハッキリしてるんで、一匹釣れたらその周辺をじっくりやってみると良いかも(しれない)。ドライ派の人は、膝下位の流れじゃないと出難いと思います(かもしれない・笑)。


※このブログを見よ!これぞ趣味人。<<始動間近か?みつばちおじさんことけばりさんのブログ>>
23:13 | 太田切川 | comments (4) | edit | page top↑

太田切川を釣ってみた・・・その2

「納税・申告」で文字入力して変換かけたら「納税・深刻」と出た(笑)!このPC俺の経済状況把握していた様です(爆)。

本流を釣る予定が、濁りのため急遽太田切川に変更。13号堰堤から釣り上がってみましたが、水量が多くてイケマセン。と言うか、石がゴロゴロしてるこの川は、水が増えるとポイントだらけで、丹念に叩いていたら一日必要ですね。6月頃、この水量だったら大釣りが期待出来そうですが、雪融け時期のこの増水は(ヤッパリ)イケマセン(笑)。

CIMG0490-1.jpgウェットで予定のコースを釣り上がって、何にも無し。帰り際、気になる場所が有ったんで、覗いてみると居た!居た!(嬉)。でも、底に張り付いて居てしっかり沈めないと喰ってきませんね。先ずウェット、沈みきらずダメ!次ウエイテッドニンフ、これもダメ!、ウェイテッドニンフ+ガン玉、投げ辛いけど我慢してキャスト。狙った場所より手前に落ちて、ヤバイかと思ったんですが・・・。
オッ、変な場所から魚が出て来た!リーダーに変化が出たんでアワセルと無事フッキング。元気に泳ぎまわり、ポイントを荒らしてくれましたが(笑)、キャッチしておしまい。
 まだ、小型のアマゴ(らしき魚影)が結構泳いでいたけど、喰うまで至りませんでしたね。もうチョッと水量が落ちないと、ドライは難しいかもしれませんね。暫らくは、沈めて釣るのが主体でしょうか?

解禁から一ヶ月。2010年、イワナ5匹、アマゴ2匹。う~ん、かわいい釣果


18:43 | 太田切川 | comments (6) | edit | page top↑

今日もアタリなし!

以前、付き合っていた女の子の名前を呼んだ時、女の子が凄い形相して仁王立ちになった。 

      女の子「私、○×じゃ無いけど」
      
      しまった、名前を間違った(滝汗)。言い訳をしないと・・・
     
      「俺じゃねェ、俺じゃねェんだよ!」
      
      女の子、蔑む様な目をしたあと大爆笑「言い訳になって無いじゃん!」

      時として笑いは人を救うんですね!と言う経験が有る人を知っている自営業FFです。  

IMG_3699-1.jpg3月11日・12日、病院帰りにチョコット釣ってみました。11日は増水気味、初めてのポイントに入ってみましたがノーバイト。12日は、先日釣ったポイントで釣ってみました。寒かった分、雪融けが無くて水量は落ちたんですが、反応なし。これで4連敗。イケマセンな。
※画像と本文とは関係有りません。だって、釣ってないもん!でもね、画像が無いとさびしいでしょ?(爆)



※ みなさん!お世話になってます。拙ブログよりもこちらをみよ!(笑)

  
<<みつばちおじさんことけばりさん>>

<<地付釣人(このフレーズ気に入ってしまった・笑)の同じ組合か?・たったんさん>>

<<精力的釣行SHIGEさん>>
23:01 | イワナ釣り | comments (4) | edit | page top↑

地付釣人(じつきつりにん)

花粉が飛散する季節。文字変換したら、花粉が悲惨と出て笑えた。

CIMG0477-1.jpg以前、漁協の監視員をしていた時「どんなフライが良いんですか?」って聞かれる事が多かったんですが、有名パターンを幾つかお答えしたと思います。でも、正直な話、仕事の空き時間30~40分を使った釣りが殆どですから、出来るだけ簡略化していて、フライボックス一つに4種類フライが入っているだけなんですね(笑)。サイズも#12・#14・#16とミッジピューパは#18のみなのでパターンで悩む事はないですね。だって弾が無いんだから(爆)。まぁ、それで釣れなかったら出直せば済む事ですからね。で、今の自分と同じ様な釣り人を、何かで地付釣人(じつきつりにん)って呼んでたのを思い出しました。

改めて調べなおしてみたら、作家の田渕義雄さんがフライロッドと人生で、(出典を忘れていたけど)使っていたのを覚えていたんですね。

以下、原文よりちょこっと引用。ホント、共感。俺の事言ってんのかな?


<<地付釣人(じつきつりにん)のフライボックスの中味は、シンプルなものです・・・中略・・・
いつの間にか、そうなるのです。われわれは、昨日の釣りのつづきを今日釣って、今日のつづきを明日釣るので、何種類ものフライは必要ないのです。>>

<<山女のマッチ・ザ・ハッチの釣りと違って、岩魚釣りのフライはそういうものなんだとおもう。>>(フライロッドと人生、川からの贈り物・フライボックスより)

地付釣人の対義語として旅の釣人があるらしい。こちらは、たくさん有るベストのポケットにフライボックスをぎっしり詰め込んだ、完全装備の釣人と言うイメージですかね。解禁当初は、ブーツフットウェーダーとバッグ、夏場になるとTシャツにサンダル履きの自分とは対極にありますね。

3月5日、釣果ゼロ。3月8日釣果ゼロ。増水と濁りで苦戦してます。本流は数日無理かな。

 


00:32 | 暇つぶし | comments (6) | edit | page top↑

分かった様な、分からない様な・・・

今朝雪が降ったと思ったら、明日は19度だって?寒いか暑いかハッキリしろ!

CIMG0469-1.jpg12~13年位前ですかね、三峰川へ支流黒川が合流するコンクリートプラント裏(←あえて実名)に良い型のアマゴがライズするプールが有りました。今は道路が通って無くなっちゃったんですが、春先の肌寒い雨の日、カゲロウにアマゴがライズしてました。ドライで2~3匹釣るとさすがに出が悪くなります。で、上流に回りこんでウェットを試してみました。本流でヘッドを使った釣りはやってたし、手探り状態で渓流のウェットもやってたんですが、ライズに対して如何釣るのか全くの未知でしたね。ドライに使ってた#1ロッドに#14のソフトハックルを付けてダウンで流します。「そろそろポイントかなぁ~」って思って居ると「コツン」と当たって外れる!かと思えば「プチッ」っと7Xのティペットが切れる!結局7~8回当たって一匹も釣れませんでした(泣)。もう、頭来ちゃってライズ蹴散らして、川の中歩いて帰ってきましたよ。


どうして、乗らないのか分からなかったんですが、或るメーカーの方とお話しする機会が有り質問してみました。で、答えは「テンション強すぎ」だって。ウェットだからフライが見えないんで、アタリを見逃さないようにラインを張り過ぎてたんですね。じゃぁ、どの程度ラインを緩めて良いのかなんて分からないから、結局、本流は別にして「ダウンのウェットは俺には向かん」って言う結論になりました。最近、売り上げが悪くて眠れない時に、ビデオ見ていて気が付いた事が有りました。ロッドティップとラインが作る角度が自分と違うって事に。そう思ったら試してみたくなって、小雨のなか出かけてみました。・・・以上、壮大なネタ振り(爆)。

CIMG0466-1.jpg石の上に乗って、見下ろす感じで堰堤脇の流れにダウンで黒いソフトハックル流してみました。ラインの先端が強い流れを外れて、岸に寄ってきた時魚がヒラを打って、アタリが伝わってきました。へェ~、こんなにライン緩めていて良かったんですね。結局、その後二つ掛けて、一匹合わせ切れして終了。23cmと25cmのイワナでしたね。ダウンで釣る時は手元でアタリを取ろうと考えて、ライン張りすぎてたんですね。
理屈じゃ分かるけど、実際にどの程度まで緩めるのかは先生のいない自営業FFは、実践で得るしかないでしょうね。十数年掛かってチョッと分かった様な、未だ分からない様な(笑×2)。

旧長谷村の仙流荘前。黒川の横にマレットゴルフ場が有るんですが、当時友人達と川の様子を話す時「今日は、○×番ホールが良かった」なんて言ってたなぁ。今はどうなってるのだろ?

3月3日、釣果ゼロ、3月4日イワナ23cm、25cm。
2010年、イワナ4匹、アマゴ2匹。
20:18 | 太田切川 | comments (4) | edit | page top↑

3月最初の釣行は・・・

ホントに不景気。この調子だと週六日は釣りに行けそう(笑)
CIMG0463.jpg3月2日、2月25日以来の釣行ですね。今年は、釣行結果を全てアップすると言いましたから、早速ご報告。渓流を釣ってみましたが、ダメでしたね~。雨による増水と濁りで釣り難い事は分かってたんで「ここは釣れるだろ」って所にしたんですが、魚が底に居て勝負になりませんね(見えてはいる)。活発に泳ぎ回っているので活性は高いんでしょうが、タナが深いんで喰わせるまでに至りませんでした。ポイントが狭く、フライを沈めるための時間が取れないから、自分の腕では難しかったなぁ。魚は横方向には、活発に泳いでいたからきっちり底が取れれば釣れそうなんですけどね。細い糸にオモリ付けたエサ釣りなら入れ食いでしょう。って事は、ガン玉付けたミャク釣りスタイルで行くしかないのかなぁ?この釣り方って苦手なんだけど・・・やってみるか。

閑話休題・・・情報は鮮度が命って言うのは分かるんですが、これはなかなか面白い。釣り場は自分で開拓しようって人向きなんですが、度々登場する信州の渓流釣り (1983年)、27年前の本ですけど参考になります。これとカシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータを組み合わせて使うとなかなか役に立ちますよ。ホント!


11:54 | イワナ釣り | comments (4) | edit | page top↑