FC2ブログ

なるほどねェ

漁業協同組合って、自民党以上に古い体質だった。

CIMG0211-1-1.jpgこの道の先には何があるんでしょうか?

  正解は・・・太田切川13号堰堤。

シーズン中、堰堤の横でテントを張って宴会をしている一団が居たらその中に私も居ます。イブニングやって、ウェーダー脱いで(脱がなくても)直ぐ宴会。この環境は良いよ!




漁協の地区役員会兼忘年会に出席。それにしても高齢化してます。昭和四十年代生まれの自分が最年少でしたからねェ、60~70歳代の方が殆どでした。で、その席上「太田切川C&R区間」について話題になりました。
 
「本来、渓流釣りは組合員の楽しみなんだ。持ち帰る楽しみを取り上げて如何する」
 
「他県から来る人(地元でも組合員以外)が喜んでたってしょうがない」

「C&R区間を設定すれば漁券の売り上げが上って漁協が潤い、結果漁協全体の放流量が増えるって言ってたじゃないか」

「漁券の販売だって伸びてない、止めちまえ」

なるほどねェ・・・色々な考え方があるんですね(驚)。

「C&R止めたって漁券収入は伸びないと思いますよ」

「C&R止めても、良くて赤字だった設定前に戻るだけで経済的には改善されませんよね」

「仮にC&R止めて年券の売り上げが上がったって、C&R支持者による放流や人的ボランティアが無くなるから収支として赤じゃないですか?」

「放流する魚だって漁協から買ってんだから、それも無くなると収入減ですよね」

「C&R区間と言ったって、漁協が投資した事は無いんだから、継続したって損は無いですよ」

と、地域の皆様にお世話になっている自営業FFは、あからさまな反論は致しませんが、遠まわしに
反論致しました(笑)。

改めて思ったんだけど、漁業組合員って既得権益に対する執着はすごいなって事です。組合の支部総会では

「俺が釣る○×川の何処其処に放流しろ!」とか、いい大人が真剣に発言してますからね。結局、「釣り場は組合員のモノ」で「年券・日釣り券の人達の事は考えない」って感じですね。

以前、そんな状況に辟易していたら
「言ってるのは殆どが60~70歳以上の人でしょ!その人達の多くはあと十年もすれば昇天するから、そしたら意識も変わるから我慢、我慢」

なんて事を言ってくれる人も居ましたっけ。

この先、釣り場環境は如何変わって行くんでしょうか?考えさせられた忘年会でした。





22:51 | 未分類 | comments (4) | edit | page top↑