面白いぞ!太田切川&諸々

お盆過ぎなのに渓流が面白い。きっと天候不順のためお盆休みでも釣り人の数が少なかったんだろうな?水量もあるし。で、この晴天続き、夏が数週間遅れで来た感じ。喜んで良いのかな?


IMG_4495iwana.jpg

太田切川が面白い。連日の好天で大分水量が落ちたとは言え、何時もよりはしっか流れてますから、充分釣りになりますよ。天候不順で釣り人や水遊びの人達が少なかったんでしょう、魚も残ってます。
 最近、アマゴの放流があったのかな?流れの筋で「ピチャッ」と反応するのは、殆どが小型のアマゴですね。時には7寸~8寸サイズの良いのが混じります。水温が高い所為でしょうか?イワナはチョッと元気が無い感じ。ピーカンでは辛いものが有るけど、マズメ時は短時間でも良い釣りが出来るから、夕涼みがてらの釣りが楽しいです。こう言う釣りっていいですね。早起きしなくていいし、川に着くまでに何時間も歩かなくても良いし、何より気持ちに余裕があるから釣果も大して気になりません。場所によっては、魚影が薄いところが有るんで、そこら辺の見極めが出来れば太田切川はまだまだ楽しめます。私は大好き!

以下余談

先日から続いている「アワセ切れ」原因はヤッパリティペットの劣化ですね。24日、チョッと時間が出来たので、何時もの川に行って見ました。そしたら「切れる、切れる」(笑)。全部フライの結び目からでした。去年買ったアクロン「賞味期限?」が切れたみたいですね。途中、何回か「沈」して水吸ってるし。この時は、3時間で10匹でした。「アワセ切れ」も4~5回です(多い!)。バリバスのリーダーは水を吸うと切れ易い気がして(これ、私の主観)、ティペットも同じだと思いアクロンにして見たけど、やっぱり品質保持期限が有るんでしょう。ただ、この期限ってどの位なんでしょうかね?ショップや自宅で保管しておく環境によっても違うだろうから、食品の様に製造年月日から何日って訳には行かないんでしょうね。メーカーには何か目安を示して欲しいなぁ・・・まぁ、販売店との関係も有って難しいんでしょうね。

万が一の大物に備えて、新品に換えときます。

 


10:26 | 太田切川 | comments (3) | edit | page top↑

得る物有れば失う物有り・・・続き

源流のイワナ釣り。ある意味ドライフライフィッシングの楽しさを凝縮していると思う。

IMG_4479iwana.jpg


午前中の釣りを終了。イワナ18匹、缶ビール3本飲んでランディングネット失くしてアワセ切れ多数。
 アワセ切れを何とかしなきゃイケマセン。結節がいい加減な事も有る、確かに有る、だって薄暗い渓流でフライのアイにティペット通すのに苦労する年齢になって来たから(笑)。実際は去年買った6X使ってるのが拙いのかな?と。ウィンドノットはマメにチェックしてるけど、熱くなると頭上を見ずにキャストして枝にフライをとられて、ロッドティップでちょんちょんやってティペットに傷が付いたり、フライとの結節が締まり過ぎて切れちゃうって言うのが多いんでしょうね。午後の戦略は頻繁にティペット交換する様に心がける事これだけ!今回も時間を追って綴っていきます。


IMG_4468iwana.jpg12時12~15分、22cmと24cm。同じポイントで釣れたのに体の色が違いますね。


IMG_4475iwana.jpg12時32分、20cm、12時36分29cm、今日一番の魚は後姿で失礼。流れ込みの左岸側の反転流で、頭を下流に向けて餌を待っていました。反時計回りの流れにフライを落としラインをフリップして送っていくと出ましたねェ。此方のストーリー通りでした(嬉)。


IMG_4481iwana.jpg12時54分、イワナ24cm。流れ込み脇の反転流(右岸側)で、岸の方に頭を向けて浮いて居るイワナを発見。フライをキャストすると、見切られ底に沈んでしまった。フライを#14のエルクヘアーカディスに換えて、反転流のど真ん中にキャスト。底の方からフライに飛び出てきた一匹。フライの交換が当たったのかはよく分からない。


IMG_4500iwana.jpg13時から14時30分までにイワナ11匹22cmから25cmと型が良かった。で、気づいた方も居られると思いますが、中間型が居ません。全部ヤマト。面白いですね。


IMG_4512iwana.jpg14時30分から16時20分までにイワナ13匹釣ってタイムアップ。大きさは18cmから29cmでした。ただ、途中で水没しましてデジタル一眼レフが昇天致しました(悲)。ケースには入れて有ったんですが、取り出し易い様にしっかりジッパーを閉めてなかったんですねェ。慌ててコンパクトフラッシュとバッテリー取り出しましたが・・・ふ~う(溜息)。
 結局、今回の釣果は46匹で最大29cmでした。もう1~2匹釣ってた様な気もしますが如何でもいい事ですね。46匹のイワナと引き換えにデジタル一眼レフとランディングネットは痛かったぁ。ついでに、自営業だから普段通りに働いていた場合を考えて金額を出して見ると吐き気がして来ます。バンブー2本位買えたなぁ。得る物有れば失う物有りそんな釣行でした。

※夜8時帰宅、それから働きました。コンパクトフラッシュ一個分稼いだかな?(笑)







10:11 | 源流釣行 | comments (4) | edit | page top↑

得る物有れば失う物有り

先日(衆院選公示前)、お得意様にお邪魔していた時、前職議員の奥さんが挨拶回りに見えました。お得意様の社長、満面の笑みで「大丈夫!分かってますよ!」とガッチリ握手。その奥さんが帰り、ドアが閉められた途端「とは言ってもな。○×党じゃな。選挙区は此処でも、普段住んでいるのは東京だからな」「構造改革で田舎がどれほど困っているかは分からないだろう」「鉄槌が下ればいいんだ」とボソリ。


IMG_4459sora.jpg8月18日、午前6時、漸く川の入り口に到着。釣り始めるのは、あと2~3キロ先か!イワナが待ってるぞ、とにかく歩け!しっかり歩け!


IMG_4435tani.jpg川は予想したよりも水が有り、良さ気な感じですねェ。先ずは、朝食をとりながらスケジュールの確認。車止めから何分、川まで何分、釣り開始場所まで何分、そんな具合に記録をとってあるんで、大体の行程を組み立ててみます。以前非常に怖い思いをしたから、源流釣行は全体の行程を常に考えるようになりました。ホント、日が落ちると真っ暗で怖いんだから。

IMG_4437tani.jpg 朝食に蕎麦を食す。「谷川岳の銘水」を掛けて蕎麦をほぐす訳ですが、アルプスの源流で「谷川岳の銘水」を使うのが妙に笑えたなぁ。谷川岳よりもこっちの水が美味いぞ!(笑)。 7時、戦闘(釣り)開始。


IMG_4440iwana.jpg7時15分、あっけ無く釣れた本日一匹目、ヤマトイワナの27cm。
 バリバスのフェザーライト・ドライなるフックの#14に巻いたパラシュートパターン。ボディーはフライライトの黒、ショートシャンクのフック(だと思う)なので、フックサイズを落とさなくてもシルエットが小さく出来るから、減水から渇水の源流には良いかと思ったんだけど、バーブレスじゃなかったんですねェ(買う前に確認しろよ!)。フォーセップを忘れたから、このマイクロバーブなるちっちゃな「かえし」は外すのが事のほか面倒でした。ヤッパリ、「かえしはかえし」なんですね。


IMG_4447iwana.jpgバラシとアワセ切れチビイワナが数匹釣れたあと、8時33分、18cm、9時8分26cm。
 イワナは、フライを水面下から吸い込むように出てきますね。「バチャッ」と水飛沫が上がるような派手な出方はしません。で、殆どが口の奥にフッキングしてます。フライがかなり奥に入ったイワナはティペットを切ってリリース。その結果、釣行前日5~6本巻いたブラックパラシュートは2本を残して壊れるかロスト。まぁ、リリースするのに手間が掛かるんで、このフライは終了。


IMG_4449iwana.jpg9時43分、25cm。フライを#12のフックにシールスファーをラフに巻いた毛虫みたいなパターンに交換してみました。水を吸うんで、ポッカリ浮きませんが、水面下に入ってもパラシュートポストがなんとか見えるんで、ピックアップせずに流します。フライが大きくなった所為か、チビイワナは出てもフッキングしません。小型を一匹追加してビールを飲んで休憩。


IMG_4462iwana.jpg途中、ランディングネットが無い事に気づいて引き返したんで時間ロス。ネットは無事見つかったんですが、その30分後またもや落としてしまって、ハイさようなら!この損失は痛い!
 10時30分までのおよそ1時間、18~22cmのイワナ11匹。この区間は、開けていてしかもピーカン。ポイントは決め打ちで日陰の部分のみ。ネットを探した時間を引けば、40~50分ですかね。感覚としては殆ど入れ食いでした。


IMG_4458iwana.jpg入れ食いになった時、このタイプのイワナが多かったですね。11匹中7匹がそうでした。背びれから後ろに白点がある中間型と言うヤツですね。下流でも釣れなかったし上流でも釣れなかった。この区間だけでした。
 11時22分、23cm、11時46分、20cmを追加して合計18匹で午前中終了。


長くなり、スクロールが面倒でしょ?午後の釣りは改めて後日。


源流釣行の便利グッズ。今回もお世話になりました。



16:15 | 源流釣行 | comments (2) | edit | page top↑