FC2ブログ

ローカルアングラーを極める(笑

早朝の本流釣りはツライ。これは苦行だ。

IMG_4327fly.jpg稚鮎が放流されて、ベイトフィッシュを追って鱒の活性が高まると思ったんですが、イケマセン。大小は言わない、何でも良いから掛かってくれ!


司馬遼太郎の著書の中に、好き(数寄)について書かれていました。室町時代の大名が、自らの数寄を貫くために黒い烏帽子を好みの赤色にして室町御所に参内した。時の将軍は足利義教、綱紀粛正を行い恐怖政治を施き「悪将軍」とも呼ばれた彼は、命がけで数寄を通した大名の心情をよしとしてその姿を写し取らせた。好き(数寄)とはそう言うものだ。見たいな話でした。

お客様の息子さんが、音楽をやりたい為に大学を辞めると言って困っていると相談されました。当人は「食える食えないではなく純粋に好きな事をやりたいんだ」と言っているそうです。自営業FFさんは如何思います?と訊かれたので

先ず最初に
「大学を辞める、音楽をやる、と言うゼロか百かではなくて、その中間があってもいいんじゃないかと思いますよ」

学校を辞めたとしても
「仕事は(音楽に限らず)、利益が無いと続かない。最低限の収支は考えないと」
 
でもどうしても好きな事をしたいなら
『「ホントに好きな事」をしたいなら、働くこと、本業を持って働くこと。好きなことは収支の外なんだから何かで稼いで、やりたいことをやる』
それもいやなら最初に戻る。

好きな事を仕事にする、これは難しい。期限やコストが決まっている中で自分ではなく他人(お客様)を満足させなければならないんだから。息子さんは音楽が好きな事には間違いない。どの道に進むにしても自分の人生だから、早急に結論出さなくても良いと思うんだけどなぁ。



釣りのエキスパートと呼ばれる方が全て、メーカー関係者やショップの経営者・レッスンプロやライター等のフルタイムプロとは限りませんよね。そう言った唯の釣り好きが時として、業界の関係者やフルタイムプロよりも高いパフォーマンスを発揮する事があります。収支は考えなくて良いから、ただただスキルアップに情熱を傾ける姿は天晴れなもので、好きとはこう言うものかと思います。

好きな事は仕事にしない、これぞ趣味人だ!かく言う自分も、信州南部限定(笑)、ローカルアングラーを極めてみたいなんて考えてますがね。


12:24 | 未分類 | comments (2) | edit | page top↑