FC2ブログ

ちょい釣りしてました

単独釣行が圧倒的に多い自営業FF、自分の技術がどの程度かサッパリ分からん。まぁッ、上手くない事だけは確かですがね。

IMG_4317iwana.jpg


久々に取引先のメーカーさんへご挨拶、お茶菓子持って社長とお話しして一つ仕事が終了。続いて、その近くの親戚と両親の友人にもお茶菓子持って久々にご挨拶。これで二つの用件終了。で、もう一つ近くのお得意様にも顔を出して、こちらは急に思い立ったんで手土産も無く(笑、お茶もらって世間話して終了。おおッ!時計を見るとまだ時間が有るじゃないですか?予定通りの行動とは言うものの、車からパックロッドを取り出しお客様の店から一番近い渓流に直行しました。釣りが出来る時間は移動時間も含めて1時間、水温11度・増水気味・ささ濁り・釣れますかねェ。


IMG_4315kawa.jpg「釣れますかねェ」って、最初の画像のイワナが円で囲んである場所で釣れました(笑。もっと岸寄りの、緩い流れで出るかと思ったんですが流芯寄りでした。このイワナの前にも一匹出たんですが、ガンガン瀬の中に有る、石の裏のタルミで出たから、似たような感じの場所って事で流したら釣れました。その後も、岸寄りの緩い流れには入ってなくて、イワナが出てくるのは速い流れと緩い流れの境目で出てきました。足跡が有れば、先行者が岸寄りを歩いてイワナを流れの中に追っちゃったのか?とも思うんですが、そうでもなさそうなんですよね。足跡が何も無いので、土日にも人は入らなかったみたいです。でも、岸寄りには居ない。


IMG_4320iwana.jpgこのサイズがアベレージ。デジカメのAFが逝かれてしまいピンボケの画像になってしまいました。


20分経過、本日最大のポイントに到着。落差2m程の落ち込みから流れ出しに掛けて、ガンガンの流れが続いているんですが、対岸の大きな岩(ダンプカー位のヤツ)に沿うように緩い流れが出来ていて、良い感じで石も入っています。サイドから流芯を挟んでのアプローチなので、ものすご~くリーダー・ティペットを長くすれば、上手く流せそうですが、そんなロングリーダー扱える腕はありません(笑。で、ポイントを四等分して釣ってみました。
 本命は落ち込み脇の反転流、先ず、流れ出し×、その上×、本命手前・出た!ヤッパリ速い流れと緩い流れの境目で、速い流れの中から8~9寸が出ましたが、頭振られた時にさようなら。続いて本命の反転流、フライが着水して反時計回りに流れて沈み石の近くに来た時に出た!(こればっかり・笑。でも、すっぽ抜けてフライが戻ってきちゃいました。大きな石の上に載って少し見下ろす感じのアプローチなので、フライが上手く流れてないんでしょうね。まぁ、対岸釣るのは難しいですよ。


IMG_4324iwana.jpg結局、イワナ4匹釣って、タイムアップ。最大7寸ほどですね。途中、極端に魚影が薄くなったから人がたくさん入ってるんですね。どうやら、入渓地点の関係で下流部には入らずに途中から釣り始めるようです。


※一人で釣ってても退屈だから、「火水木曜日の何れかに釣りへ行ける人集まれ!」なんてやると集まりますかね。でもなぁ、ガチガチのC&R原理主義者みたいな人が来ても困るし、かと言って漁の如くゴッソリお持ち帰りも勘弁願いたいし、もの凄く上手い人には付いていけないし、全くの初心者の方もなぁ(そう言う人は、やはり上手い人に教わった方が・・・)、「フライは高尚な釣りだ」って他の釣り方認めない人も苦手だし、一緒に行った翌週には「良い釣り場を教えてもらった」って、お友達をたくさん連れて見えられる方も苦手なんで、結局単独に落ち着くのかな。

あッ、若い女の人ってのは良いなぁ。






12:49 | イワナ釣り | comments (4) | edit | page top↑