FC2ブログ

本流は静かです!

オイルが落ちたBarbourのスペイジャケットに、HARDY のバッグ、シューティングヘッドを使ってオーバーヘッドで投げる、このスタイルはまさに昭和テイスト(笑。もちろんランニングラインはフラットビーム。そうそう、ベストを着る時は、アーガイルクラブの佐藤盛男モデルだぞ(このベスト、コンセプトは止水・本流用だったように記憶してます。当然、渓流ではザ・クラッシック・笑)。・・・このネタは昭和の日に使う予定だった。
IMG_4255hana.jpg


連休も、ETCで千円も、ましてや善光寺御開帳も何も関係無く全く同じペースで働く、自営業FFです。早朝の本流(のみ)はボチボチやっております。
5月4日×
5月5日×
5月6日×
 5日の午後からの雨で、多少は魚の活性が上がると思ったんですが、う~ン!いけませんな。6日の朝は結構な濁りが入っています。普通の人(FF)なら諦める所ですが、普通では無い自営業FFは竿を出します。まぁ、どの程度の濁りまで、釣りになるのか?やってみないと分かりませんからね。この位なら、渓流ではゴールドビーズのニンフで十分釣りにはなりますが、本流はどの程度の濁りまでOKなんでしょう?こればっかりは、魚掛けてみないと答えが出ないからなぁ・・・答えはいつ出ますかね?

4~5年前のGW、本流には釣り人が多かったんですが、年々減ってます。今年は特に少ないですね。減った理由は、釣れないからでしょうね(笑。県内の大河川なら犀川の方が絶対釣れる。同じ千円使うなら、こっちの方が良いもんね。自分も長野市へ仕事で向かう途中、何度か釣ってみたけど、大物こそ出ないけどボ~ズは有りませんでしたね。何の下調べもせずに行って(仕事目的だから当然か)、たまたま「木戸橋」通過中、上流部に・・・学校の裏手辺りだったかな?・・・釣り人が居たので、別の機会に長野に行く時に釣ったら釣れてしまった。その時は、サイズは別にして「本流ってこんなに簡単に釣れていい物なの?」なんて思いましたけど。明らかに魚影は濃いです。後で調べたら「木戸橋」有名ポイントだったんですね。今は如何か知らないけど、その時はコンビニで漁券売ってなかったから、明科の漁協まで券を買いに行ったのを覚えてます。

「釣れない本流」に関する思い出。以前、雑誌等で活躍されているメーカーの方と地元の本流でご一緒したんですが、「この川は魚の数が少ないから自分達だけでヒッソリ楽しんでいたほうがいいですよ」「キャパが小さいからちょっと釣り人が増えると場荒れしますよ」って仰ってましたが、今納得してます(笑・・・確かに魚が少ない、特に台風で荒れてから。
 数年前、web上で「本流なんて釣れませんよ!」って書いたら、釣り業界の方から「そんなことは無いッ!」「○×市から来る人は釣ってるよ」「この前は××センチが上がったよ」と言う反論を頂きました。「だって、通って通ってたま~に釣れるのだから打率1割に満たないんじゃ、釣れるとは言わないでしょう?」「うーんと上手い人だけが釣ったって、それを釣れる川とは言わない」って言うのがこっちの意見だった訳ですが、その人に言わせると極稀にでも何でも釣れる訳だから「釣れ無い!は無いんじゃないの」と言う事らしい。どうも「釣れる」と言う定義がお互い違っていたようです。でもね、最近、釣り人は減っております。皆さん正直だなぁ。




12:13 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑