FC2ブログ

7月10日、一日一釣・・・太田切川その2

10日間連続釣行、土曜日は休みましょう。
IMG_3867point.jpg拙ブログに辿り着く検索ワードで一番多いのが「イワナ釣り」(当たり前ですね)、次に多いのが「太田切川」でした。
 ならば、辿り着いた皆さんの期待に応えなければいけません(笑。本日は太田切川C&R区間の、チョッと突っ込んだ?近況です。釣行の参考になるか如何かは不明です・・・何しろ下手な釣り師のお話ですから。
7月10日、15:00、水温15度、平水くらい?(平水がどの位か分らない)、黒川平の堰堤から釣り上がります。先日、画像正面にある大岩に当たる流れで、頭を下流に向けて定位している良型のイワナを見つけました。結局獲れなかったんですが、今日はコイツを獲る事からはじめます。



IMG_3859point.jpg大岩の周辺を堰堤の上から見たものですが、円で囲んである場所にイワナが見えます(この画像では分りませんね想像してください)。
 一番左に有る円のイワナは広い範囲を行ったり来たりしています。クルージングとか言いましたっけ?底が白い砂地なのでコントラストがハッキリしていて、発見しやすい魚でした。付いている流れの筋が単調なので、コイツを釣る事は簡単で先ずこれを釣ってから奥に進みます。
 真ん中の円、ここに居るイワナは時々ライズしてます。二回出ましたがフッキングしませんでした。で、右下の円、此処には一番デカイ魚が入っていますが、流すのが難しい場所ですね。手前の流れが速くて、泡が浮いている所は時計回りに巻いています。ティペット継ぎ足してメンディング・メンディングで速い流れをクリアーしようとしますが私の腕ではダメですね。ドラックが掛かってフライが沈んだ時に来ましたが、喰うまでには至らなかった様です。このポイントでは一勝二敗です。
私はリーダー+ティペットが長くても12~13fなので、流れがチョッと複雑になると釣り辛いんですよ。現在は竿2本分くらいが標準のようですから、この程度の流れなら、皆さん割と簡単に釣っちゃうのかなぁ?などと感じます。


IMG_3866iwana.jpgこのイワナが、浅い瀬をクルージングしてました。小さいイワナですが、大岩のポイントばかりに目が行って、ジャブジャブ水に入りこの魚を追ってしまうと大岩に付いているイワナが釣り難くなるような気がします。



IMG_3856iwana.jpgこのイワナは、最初の画像、左側に取水口が見えますが、取水口と大岩の間でライズしてました。此処の流れは単調で、「ライズを釣る基本」みたいな事が本に書いてありますが、その通りの釣りが出来る場所でした。ライズに対して上流に回り、ダウンクロスにフライを投げて魚の付く筋に、フライを引っ張ってきて食わせる。下手な私でも簡単に獲る事が出来ました。イワナ22cm。


その後、堰堤上のポイントを叩いて終了。反応はあまり良く有りませんでした。午前中、先行者が居たのでしょうかね?1時間半の釣りで、イワナ5匹でした。

※大岩の流れには、未だ良型のイワナが付いています。挑戦してみては如何ですか?

10:46 | 太田切川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑