FC2ブログ

6月28日太田切川

梅雨の合い間の夕まづめ、ほんのチョッと釣ってみた。
IMG_3753yama.jpg18:40、黒川合流点上流を叩いてみる。小型のトビケラが飛んでます。ライズは無し。
 #12のクリームパラシュート、大場所の反転流で泡が浮いている所にフライを落とします。反時計回りの流れに乗ってぐる~ッとフライが回ってきたところで「パクリ」と出ました。7寸程のイワナ・・・良かったぁ(笑。


19:00、6寸サイズを一匹追加して終了しました。

 夕まづめでも魚は開きに出ていません、明るい時間に結構人が入ったのかもしれませんね。小型のトビケラが出てましたから、フライをEHC#14に換えてみましたが、劇的な変化は有りません(当たり前か?)。よく、C&R区間を管理釣り場と勘違いしている人が居ますが、全く普通の渓流と変わりません。と、言うよりも、一般の渓流の方が反応が良い時が有るのはザラですね。ただ、魚を間引かれるのが少ないと言うだけでしょう。
 以前、或るプロショップのHPに「各地のC&R区間は放流魚をワンサカ入れて、まるで管理釣り場の様だ」みたいなことが書いてありましたけど、自分が日頃釣りに行く渓流と、なんら変わらないと思いますよ。また「C&R区間って、釣り人が多くて魚が凄くスレている」なんて言う人も居ますけど、太田切川でそんな風に感じた事は有りません。釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れ無い(変な言い方ですが)普通の川だと思います。道路事情も良いので、シーズン中は楽しませてもらってます。夏場の渇水が痛い所ですが、一年中この水量が有れば面白いでしょうね。

IMG_3756iwana.jpgISO100で撮影した為、思いっきりブレていました。

15:16 | 太田切川 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑