FC2ブログ

最盛期には未だチョッと・・・

どうしても減らない「アワセ切れ」。対処法は古いティペットを使わない事だった!
IMG_3574KAWA.jpg


林道の遥か下を流れる清流。イワナが居ると思えば、歩く価値はありますね。
 梅雨に入り、6月最初の釣りです。そろそろ、上流部も最盛期を迎える頃だと思い、出かけてみました。6月4日、15:00、水温9度(良い感じですねぇ)、増水気味(やな予感)、目立ったハッチ無し(今日はヤバイか?)、先行者無し(やった!)、はたして渓は最盛期を迎えたんでしょうか?
 
 増水の為、大場所での反応は殆ど有りませんが、小型は浅い開きに出ています。入渓早々、アワセ切れをやらかしました。良い感じの反転流が有ったんで、今回は注意して、フライを結びなおしてキャスとしたんですがあっけなく切れました。どんなに注意してもそこそこのサイズが出ると、4年前の7xは「プッツリ」いってしまう物なんですね(当然か!・笑)。怒り心頭、5xに結び換え、叩きあがります。悪天候の影響か、釣り人のプレッシャーが少ないようで、飽きない程度にイワナは出てきます。
 ただ、水深のある場所では水面までは出てきません。良い型のイワナが底に張り付いて居ますが、頭上を何度フライが通過しても、な~んにも無し。この魚が、ドライに出るようになれば最盛期突入なんでしょう。
 ライズは有りませんでしたが、オドリバエが水面を飛んでいたので、ライツロイヤルを使ってみましたが、反応は良かったですね。今日は、パイロットフライのメイフライパターンよりもこちらに分が有りました。最盛期に入るのは来週アタリでしょうかね?

本日の釣果、イワナ8匹。最大27cm。まぁ、名人の釣果自慢のブログでは有りませんのでこんなもんでしょう(笑。

IMG_3602IWANA.jpg知らないうちに、カメラの露出を大きくプラス補正してしまい、見られる画像が有りません(泣。散々、ソフトで補正して唯一の画像がコレ。まぁ、この渓のヤマトイワナの特徴は辛うじて分ります。

21:25 | イワナ釣り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑