FC2ブログ

小休止・・・全国新酒鑑評会などなど

雨で川も荒れてます。釣りに行かない静かな週末。コーヒーでも飲んでリラックス。

IMG_3551.jpg 今回の雨で、川は荒れてますね。一部の川を除いては2~3日釣りにはならないでしょう。小休止です。で、水が落ちれば、入梅までの僅かな間ですが、渓流は最盛期に突入です。下手な私にも釣れそうな予感が・・・

本流も、稚鮎の放流がありましたから、ストリーマーを使った釣りが面白そうです。こっちは、釣れるかどうか?運と腕次第ですね。

 閑話休題・・・・

全国新酒鑑評会が広島で行われました。長野県南部では、飯田市の喜久水が区分※第Ⅰ部で金賞を受賞しましたね。

※第I部 ・・・ 原料米として山田錦以外の品種を単独または併用、あるいは山田錦の使用割合が原料の50%以下で製造した吟醸酒

ちなみに、第Ⅱ部は・・・原料米として山田錦の品種を単独または山田錦の使用割合が、原料の50%を超えて製造した吟醸酒・・・※ブログ管理人注釈。殆どが兵庫県産山田錦。

チョッと範囲を広げると、諏訪の真澄・舞姫が金賞を受賞しましたね。昨年金賞だった信濃鶴(駒ヶ根市)、井の頭(伊那市)は入賞(銀賞)で、中川村の今錦が健闘して区分※第Ⅰ部で入賞でした。金賞受蔵=美味しい市販酒では有りませんが、そんなところを踏まえつつ、5月25日付けの地方紙の一部を抜粋します。

棚田で田植えと題した一文です。

棚田で田植え

 急な傾斜地に階段状の田が広がる中川村大草飯沼で24日十一枚の棚田を管理する飯沼農業活性化研究会の二十人が田植えをした。=中略=植えたのは酒米の美山錦で、九月に収穫され、村内の酒造会社で飯沼棚田産100%使用の特別純米酒「今錦・おたまじゃくし」になる。(長野日報より抜粋)

酒の世界にも、地産地消がキーワードになって来ていますね。「おらが村の米」で造った酒。作り手の顔が見える商品。コレからますます、出品区分第Ⅰ部が増えそうな気がしますね。長野県南部に釣りに来たら、チョッと酒屋さんを覗いてみてください。面白い酒が有るかも。

地産地消、俺の商売にも使えないかな?(笑

IMG_3559.jpg 今錦・おたまじゃくし。キレの良い純米酒。冷やして飲むと酸味を感じますが、常温・ぬる燗は◎です。このお酒、私の今錦のイメージを変えました。



















23:50 | 酒ネタ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑