イワナ釣りブログにしては・・・

師走を間近に控え、釣行回数が激減していた事に気付いた今日この頃(笑。
 画像を整理しながら、釣行回数を調べてみましたが、昨年の十分の一でした。釣果は二十分の一ですかね。釣りネタも無く更新も滞る拙ブログですが、チョッと今年を振り返ってみましょう。

※下手な釣り人の、下手な写真を御覧頂くのも一興ではありますので、暇つぶしに御覧下さい。

先ずは本流から・・・

IMG_2857kawa19.jpg

解禁はこの流れから始まりました。解禁直後から、杉花粉がタマリマセン。しかも工事の影響で濁ってますねェ~。
これが、五月まで続きます。

IMG_2859iwanah19.jpg解禁から六日目、本流へ通うこと二日(笑)、遂に釣れた今年の初物。イワナ35cm。花粉症が酷いよく晴れたお昼過ぎの釣果。鳥にやられたのか、背中に傷の有る優しい顔をしたイワナでした。水温は9度、フライはブラックゾンカーだったような・・・


IMG_2916iwana.jpg花粉症が益々酷くなった3月、今年二匹目の本流イワナ。
本流へ通うこと10日、クシャミが止まらないなかやっと釣れた一匹。36cm。
150m離れた下流で釣りをしていたオジサンの豪快なクシャミが此方にまで聞こえてきました。「同病相哀れむ」この魚で満足した自分はオジサンにポイントを譲り退散致しました。正直、この花粉から早く逃げ出したかった。水温13度、グレーのゾンカーだったような・・・(こればっかり、笑


 以上で本流は終了・・・釣行日数15日、イワナ二匹でありました。

言い訳(の様な総括)・・・
 昨年の大雨の影響で川が荒れ、河川改修が行われており、濁りが酷く釣行意欲が、急降下いたしました。春先は、ボトムをしっかりとる事、フライはボリュームの有るパターンが良さそうです。早朝は寒いから釣りをしないので分らないんですが、濁りの有るピーカンの日中は黒系が良く、澄んでいる時は白っぽいのが、水温が上がってくると白っぽいスリムなパターンが良かった様です・・・去年までの話ですがね。今年の場合、たった二匹では総括は出来ません(泣

山岳渓流は次回へ・・・つづく。

13:31 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑