FC2ブログ

「川中島」あれこれ・・・「長野の酒メッセ2007」余談

第一回酒メッセの時、知り合いの蔵元から「お奨めの酒」リストを作って貰い、それを参考に利き酒をしてみました。その中で、「川中島」なる酒がリストの中に有り当日利いてみたんです。長野市に在る「千野酒造場」の「純米にごり酒」でした。
※現在は社名が変わり酒千蔵野(しゅせんくらの)さんと言うそうです。
IMG_3378.jpg酒の裏張りに曰く

この白い日本酒「川中島」は
戦国の世の川中島合戦に、
武田・上杉の両軍が戦の疲れを
癒した純米の酒です。・・・略

古い酒なので現在とラベルデザイン
が違います。


現在、県内では大河ドラマにあやかって到る所に「風林火山」が飛び交っています。そんな、風林火山商法(笑)の走りともいえるのがこれでしょう。ただ、この蔵は戦国時代・1540年代の創業で、第一次川中島の合戦が1553年、以後第五次まである訳ですから(有名な、キツツキの戦法や、一騎打ちの話は第四次の合戦)甲州・越後両軍の兵士が飲まなかったとは言い切れませんね。この辺が、時流に乗ったポッと出とは違うところであります。

で、利き酒の結果なんですが良く覚えていないんです。と、言うのは千野酒造場のブースに行くと、「杜氏」のネームプレートを着けた方と「杜氏見習い」と言うプレートを着けた方がいまして、その見習いの方が「私が仕込んだお酒です。感想を聞かせてください」と仰られて、軽い気持ちで酒を飲みに利き酒をしに来た(小心者の)私はその迫力にビビッてしまい、箸にも棒にもかからないような中身の無い感想を言って引き上げてきました。確か「香り酒」と「昔酒」「川中島」を頂いたと思うんですが、緊張のあまりよく覚えておりません。今なら、酒米の品種に話を振ってゴニョゴニョ誤魔化しそうですが(笑)。後で知ったのですが、その「杜氏見習い」さんは、蔵のお嬢さんで現在は杜氏を務められているとの事、時々雑誌などで見かけます。
 トラウマと言うヤツでしょうか?毎年「長野の酒メッセ」に行く度に、千野酒造場のブースの前を通るだけで緊張してしまいます。「また感想聞かれたら、なんて答えようか?」「利き酒の用語は良く知らないしヤバイッ!」小心者ですな。

昨日、平成15年3月の日付の「川中島」を飲んでみました。冷蔵庫に入れたまま忘れていたんですが(笑)、火入れされているとは言え、酒が全くひねていませんでした。あッと言う間に四合瓶は空いていました。
 以前、日本醸造協会が発行した「酒造講本」に「滓酒(おりざけ)」は火入れの有無に関わらず、瓶詰め後長時間経過すれば、劣化すると有ったので、それが頭にすり込まれていました。それは一般論なのか、それとも私の味覚が鈍感なのか?この「川中島」はその劣化を感じさせない美味さでした。
「川中島」に因んで、上杉謙信が居城・春日山城に書いたと言う「春日山城壁書」で〆てみます。小説や映画・ドラマで使われていますよね。

運は天にあり。鎧は胸にあり。手柄は足にあり。
何時も敵を掌にして合戦すべし。 疵つくことなし。
死なんと戦へば生き、生きんと戦へば必ず死するものなり。
家を出ずるより帰らじと思えばまた帰る。帰ると思えば、ぜひ帰らぬものなり。
不定とのみ思うに違わずといえば、武士たる道は不定と思うべからず。必ず一定に思うべし。

400px-Takeda_Shingen_versus_Uesugi_Kenshin_statue.jpg


スポンサーサイト



19:36 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑