信州イワナ釣りブログだッ!

仕事がどん底の中、知らぬ間に初夏に。久々の釣りネタ。エネルギーが溜まってますから大作になるかも(笑。因みにここと同じ場所です。
IMG_3142alps.jpg
いよいよ、渓流も最盛期を迎えますね。最後に釣りをしたのが、3月4日だから、三ヶ月以上釣りをしていませんでした。田舎は、ホントーに不景気なんですよ(泣。
まぁ、禁断症状が出始めまして、とうとう釣りに行く決意が固まりました←大げさ!
目的地は、標高1,500mの某沢。天気予報では、前日までの夏日から、曇りのち雨との事。降水量は最大0.3ミリだから大した事なさそうなんで、源流を詰めてみる事にしました。果たして結果は・・・

8:10、入渓。水温10℃、低気圧の接近で、気温が下がってますから、10℃とは言え当然イワナの活性は低いと思われます。でも、ピーカンだと釣れる気がしないから、何とかなるさッ!って事で釣り上がります。
8:40、本日の一匹目をキャッチ。18cmのプチヤマトイワナ、予想通り魚の活性は低く、今日の釣果はかなりヤバソウです。
IMG_3116iwana1.jpg

フライは、#14の「オドリバエ」ッぽいテレストリアルパターン。大抵、これで大丈夫なんですが、イワナが上を向いていないと勝負になりません。8:50に二匹目をキャッチしてから、反応が無いまま30分が経過しました。ところで、釣り以外にも神経を使う事が有りまして、ここは熊のテリトリーなので万が一に備え、少しでも見通しが悪い場所では、笛を吹きまくり、鈴を鳴らしまくります。これで熊にあったらお手上げですね。釣れないと、余計な事が気になり釣りに集中できないんだ!これが。小学生の時に読んだ、椋鳩十の短編月の輪グマが思い出されます。椋さんが遠山川へイワナ釣りに出掛けた時、熊の親子に遭遇した話ですが、今日はその話がやけに生々しく思い出されます。
その後、ぱぱっと3匹釣れまして、9:37、本日5匹目をキャッチ。一時間半で5匹、ペースは上がってきませんね。
IMG_3122iwana2.jpg

ショボショボ、小雨が降る中釣り上がりますが、上流に行くに従い、魚の反応は悪くなってきました。この天候なので、プールでは、かなりの数のイワナが開きに出ていますが、#14のフライには出ません。#18のピューパにしたら一発でしたが、20cm足らずのイワナを釣るのに、その度にフライを交換するのが面倒なので、#14で通す事にしました。結果は、「数釣り」という事からみるとこの選択は間違いでしたねェ。#18を使えばもう7~8匹はキャッチできていました・・・マメばかりですが。
源流を詰める為に、途中、竿を出さずにひたすら歩きます。13:39、最源流部の入口に到着いたしました。源流部は幾つかの沢に分かれていますが、一番水量の有る沢を選択しました。かなり深い谷で薄暗く、大雨が降るとかなり荒れるようで、雨に注意しながら上流を目指します。
IMG_3127tani.jpg

水温は8℃。大場所での反応は有りません。釣れる場所は、せいぜい水深が20cm有るか無いかの場所で、それより深くなるとイワナが上まで出てこないようです。落差はいよいよきつくなり、次ぎのポイントが目の高さに成ってきました。
IMG_3135tani2.jpg

雨も多少強くなり、イワナの反応が極端に悪く釣果を望めそうに有りません。14:40、そろそろ撤収です。上流を見ると、階段状になった流れに、三箇所ほどポイントが有るので、それを叩いたら終了する事にして、フライをキャストします。最初のポイントは反応無し。次ぎのポイントは規模も小さく浅いので、普通なら望み薄ですが、今日は深い場所では釣れませんから、もしかしたらと思いキャスト、フライが吸い込まれるように消えました。思ったより、魚が大きいので心配しましたが、全然引きません(笑。難なくネットインしたイワナは、頭ばかりが大きい、痩せた尺イワナでした(嬉。撮影用に、生簀を造るため水に浸けた手が、少し痛く感じるほど、水温は下がっていました。もう一つ、ポイントが残っていますが、本日は終了です。14:45、退渓。帰りに、午前中バラシタ場所でイワナを二匹追加して(ホントに)終了。※痩せてるから大きく見えませんが、内径28cmのネットから尾びれの半分が出る大きさでした。
IMG_3133iwana3.jpg

しかし、運動不足は否めませんね。山道(川原?)は上りより下りの方がはるかにキツイ。しかも階段状になっているから、石から石へピョンピョン飛び降りる様に下るから、関節に掛かる負担は「大」なんですねぇ。最後は、腰痛になりやっとの思いで車に辿り着きました。無事に帰れたから良かったものの、今年最初の渓流にしては、チョッと無謀だったかな?と反省しています。まぁ、仕事で溜まったストレスの解消にはなりましたが、近くの渓で足慣らしをしておいた方が良かったかなと。

今回の釣行を、カシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータでチェックしてみたんですが、最後にイワナを釣った場所は標高1,800mでした。魚止めまではもう少し有る様なので、天候が安定する秋口に挑戦したいですね。

22:53 | 源流釣行 | comments (0) | edit | page top↑