ラッキーエビス

二月より寒い三月、確かに暖冬ではあった(笑
IMG_2767tsurara.jpg

あと、二週間ほどでお花見の季節になりますね。よくテレビのニュースで、夜桜の下大騒ぎをする様子が映されますが、山国信州では4月の夜はまだまだ冬です。夜桜見ながら酒を飲むなんて考えられません(だって、寒いんだもん)。夜桜はテレビで見るもんです。
桜の季節に思い出したことがありまして、ちょうど高遠のコヒガンザクラが満開の頃でした(4月20日頃)。何時もの様に、高遠のお花見の渋滞を抜け南アルプスの釣り場に向かいます。天気は快晴、多少風が強い中友人と二人で交互に釣り上がります。岸辺には、ユスリカのピューパの抜け殻がびっしり流れ着いていて、釣果が期待できました。フライは16番のパラシュート、サイズ的にはマッチしてないんですが、それでもイワナが面白いように出てきます。釣り始めたのが13:30、終了が16:00、その2時間半の間に二人で30匹程のイワナを釣り上げる事が出来ました。釣り終了後も、ご機嫌な二人は、そのまま高遠城址公園へお花見に繰り出しました(笑)。
で、乾杯になった訳ですが、その時飲んだのがエビスビール。友人がビールを飲みながら「ラッキーエビスって知ってるか?」そう聴くんですよ。普通、エビスビールのラベルの恵比寿様は、鯛を一匹抱えてるだけなんですが、「ラッキーエビス」は両脇に鯛を抱えてるんだとか。それで、そのビールを見つけた人にはメーカーから豪華プレゼントは無くて「良かったじゃん!」皆に言われて終わりだとか(笑)。そんな話をして、(酒飲んでますから)代行の代わりに友人を呼んで、二次会の居酒屋へ送ってもらいました。そこでも、エビス(中瓶)を飲み始めたんですが、恵比寿様が鯛を二匹抱えてまして「ラッキーエビスだ」って事に成りました。勢いがついて5本のエビスを空けまして、そのうちの3本がラッキーエビスで、これだけ呆気なくラッキーエビスが出ちゃうとご利益も薄いなと友人と大笑いでした。今その友人は信州を離れていますが、桜の時期になると思い出します。楽しい酒を飲んだなぁって。また、一緒に釣りたいし、飲みたいなですね。


22:37 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑

蔵開放

寒さと花粉で、釣りへの意欲減退中(笑)
IMG_2467kura.jpg

2月中旬から、3月に掛けて酒蔵開放を行う蔵が多いんですが、一度みて見たいのが武重酒造。なんでも建造物が重要文化財なんだそうです。以前、蔵開放に行った友人は「あの蔵には、座敷わらしが居てもおかしく無い」なんて言ってましたね(笑)。
牧水も飲んだという「御園竹」、旧中仙道の傍らに在る蔵は、毎年春分の日に蔵開放するそうなんです。で、今年は3月21日なんですが、スケジュールを調整して何とか行ってみたいんですが、これが微妙なところでして、せめて気分だけでもと思い蔵がどの辺に在るか調べてみました。
HPの周辺図と拡大図がイマイチよく分からないので、今回もiタウンページにご登場願いまして、先ずはあたりをつけます。スクロール地図とHPの拡大図で凡その見当が付きました。ついでに酒の味に関して知りたいと思いくちコミを覗いて見ましたが未だ投稿は有りません。やはり、建物は自分の目で見て、酒は自分の舌で確かめろという事でしょうね。
そうそう、この蔵は仕込みに使う暖気(だき)樽や半切(はんぎり)を金属製ではなく、木製を使っているんですね。うゥーん、クラシックですねぇ。益々、蔵開放にいってみたくなりました。
※蔵開放に関しては御園竹のHPでどうぞ→banner


01:07 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑

友あり

友有り、遠方より来る。亦楽しからずや・・・とはよく言ったものですね。
IMG_2836dousoukai.jpg久々に同窓会が有りまして、しっかり飲みました。一つの学年が、100人そこそこの小さな学校なんで大抵顔見知りなんですが、なかには25年振りに会うヤツもいて、話し出せば1時間や2時間で終わる訳が無い(笑)。

 みんな、普通のおじさんと(可愛い)おばさんに成っていたけど、二十数年の間に色々有ったんですね。「根無し草」とか言って転勤族の旦那と日本中を歩いている女子、愛車はジャガー!年収数千万のサラリーマン、離婚して東京から一人信州に帰ってきたヤツ(コイツはすぐ泣くんです)。高校時代ぐれて両親に散々迷惑を掛けたけど、今は人の親になれて嬉しいってニコニコ笑ってる女子。学生時代苛めた女の子に「酷い事をした」って泣いて謝っているヤツ、そんな事あったかなって涼しげに笑ってる女子。「今度は何処の国に行こう?」開発途上国で看護師をしていた女子。「死んだ父親が残した店だから」ってサラリーマン時代より収入が半分になっても家業を継いで懸命に大型店と戦っているヤツ。20代の頃、よく警察の御厄介になったヤツが「俺が子供に教えられる事はこれしかない」って、野球チームの監督になって子供相手に人の道を説いている(笑)。実に様々な人生がありました。一次会から二次会「未だ夜は長いぞ」って事で三次会、午前5時「そろそろ閉店です」の声で終了しました。久々に、佳き酒を飲みました。
※翌日の仕事はツラカッタ。




21:21 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

しずく搾り

季節が戻りました。この寒さで釣行取り止め!久々に酒ネタ。
IMG_2967post.jpg

この時期、吟醸系の新酒が出始めます。吟醸はもろみ日数が長いから、一月中旬から二月上旬に仕込んだ酒の上槽が行われるのがこの時期なんでしょうかね。そんな、吟醸系の新酒の中で、最近見かけるのが「雫(しずく)搾り」とか「雫採り」なんて言う酒ですよね。もろみを酒袋に入れて、圧力を掛けずもろみの自重で「ポタポタ」落ちてくる酒を瓶詰めするそうなんですが、手間が掛かる分だけ高級っぽさは感じます(笑)。実際、ヤブタと言われる機械で搾るのと味に違いが出るのかは分らないんですが、此方の方が美味しくあって欲しいなぁ。


IMG_2981sizuku.jpg
本日、早速「しずくどり」を頂きました。
夜明け前・生一本・しずく採り。弱冠、「おり」が絡んでいて「ふなくち」とか「あらばしり」とか呼ばれる酒はこんな感じなんでしょうね。新酒のフレッシュな香りと、キレが良い、「夜明け前」らしい酒でした。簡単に四合瓶が空いてしまい、大変美味しゅう御座いました。たった、四合でも明日は二日酔いっぽいですね(何時までたっても酒は強くなりません)。
※「しずく採り」のイメージはこの酒蔵のブログで御覧下さい(この蔵では「つるし」って呼んでますね)↓。





21:23 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑

信州そばを食す

信州と言えばこれでしょうか。
IMG_2788soba.jpgこのブログでも、度々登場する「苔清庵」。太田切川C&R区間の近くに在る隠れ家的存在なんですが、釣れない時の息抜きにいつもお邪魔してます。友人達は、ウェーダーのまま入店してますが、御行儀の良い釣り人は脱いで入りましょうね!
IMG_2787taiseian.jpg

夏から秋にかけての週末は、まず混みますから11時30分の開店直後にとび込みます(笑)。で、酒を飲みながら、半日の釣果を振りかえるわけです。ソバは勿論手打ちなんですが、特徴としては、兎に角「細い」。テレビ番組で見るソバの半分くらいなんですよ。お奨めは、更科粉十割の「更科ソバ」と「荒挽き田舎蕎麦」、更科は喉越しを、田舎蕎麦は歯ごたえを、地酒をお供に楽しめます。これやってると、なかなか席を立てないんで、ついつい長居をしてます。店は迷惑なんでしょうね。週末のお昼頃、フィッシングベストを着た3~4人の一団が居たら、それは私達ですよ(笑)。
 
 
※テレビ番組で紹介される店より、はるかに細く長い蕎麦の事をご主人に話すと「太いソバだって美味しいんだよ」との事、「でも、それだと自分が面白くない」だって。なんか余裕が感じられるなぁ。



22:40 | 太田切川 | comments (0) | edit | page top↑

修業的本流釣行2

雨の後の快晴、その上強風。花粉が飛散する状況が揃ってしまいました(泣

IMG_2957yama.jpg前回の釣行の際、知り合いに逢いまして少し話をしたんですが、曰く「この前、○○で70cmの鱒を釣ったぞ」との事。鯉を狙った仕掛けに大型のニジマスが掛かったそうで、詳しく話を聞くと、魚の大きさにも驚いたんですが、リールが無くても獲れるんだ!と違った意味でも感心しましたね。久々に、刺激的な事を聞きまして、花粉にもめげず俄然ヤル気が起きてきました(笑

12:00、水温10度。平水、前日の雨と工事の影響で20㎝ほどの透明度しか有りません。水温も2度下がり、濁りもキツイ。とても釣れそうに無いんですが、兎に角フライを投げなきゃ始まりません。ところが、終止下流から吹く強風のために、ランニングラインが煽られ、狙ったコースにフライが入らないんですよ(泣)。加えて、花粉の量も半端じゃないし、1時間ほど頑張ったんですが、我慢できずに終了。
IMG_2960wing.jpg今日はフライのロスも激しく弾切れ状態になってきました。結局、何の収穫も無かったんですが、帰り際、足下を見ると天然の「グレーマラード」が有りまして(笑)、(恐らく)神様がこれを使って巻けば爆釣間違いなしと言うお告げだと思い有り難く頂いてきました。果たして、この羽を使ったフライの結果は・・・釣れないと、いよいよ神頼みになるんですね(笑


15:24 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑

修業的本流釣行

花粉がキツイ!川に立つのは1時間が限度(泣
IMG_2946kawa.jpg花粉が、バンバン来ている中(笑)、本流を釣ってみました。
今年の初物とほぼ同じ場所でバイトが有り、36cmの本流イワナをキャッチしました。その後、花粉症の症状が酷くなり(逃げるように)退散。この時期の釣りは、一種の修行のようです。これに耐えた釣り人にはご褒美が有れば良いんですけどね。

釣り開始、13:30。平水、水温13度、薄濁り。12f#8/9のスペイロッドに#12タイプ4のヘッド9mで釣り下ります。前回睨んだ通り、チャネルが出来ていて、その肩の部分にイワナが着いていたようです。#4、6XLのストリーマーフックに巻いたグレーのゾンカーにヒットしました。魚は明らかにミノー喰ってますからフライがマッチしていたんでしょうかね?(イワナから見て、ゾンカーがミノーか如何か分りませんけど)。この時期はスリムなタイプのストリーマーよりボリュームの有るゾンカーの方が反応が良い気がします。この時期イワナが釣れるポイントは、暖かくなればコイ科の魚が占領しますからイワナ釣るなら今のうちなんでしょうね。40アップが欲しいなぁ。
IMG_2942iwana1.jpg


18:04 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑