FC2ブログ

2007年初釣り

明けましておめでとうございます。今年一年、皆様、よき釣りが出来ますように、佳き酒にめぐり合えます様に(笑)。
IMG_2723yama.jpg穏やかな年明けとなりました。新年の挨拶を済ませ、毎年の恒例となりました「初釣り」に。向かうは岐阜県中津川市の管釣り「ひょうたん湖」、管釣りと言ってもかなりの広さですから、必ずしも釣果が保証されないのが痛い所です。1月1日、天気は晴れ、小春日和でベタ凪、ライズも少なく釣れそうに無い雰囲気がプンプンしてます。嫌な感じだなァ~。


午後一時到着。早速釣りを開始しますが、ここでトラブルが・・・。シューティングヘッドを忘れてしまいました。馬鹿ですねぇ、受付では「波が無いからタナは底だよ」との事。でも無いものはしょうがない「フローティングライン一本で勝負だ」って事になりました。12f#6のロッドにWFのフローティングライン、竿一本半位のリーダー+ティペットに渓流で使ったニンフ、マーカーも忘れたから(笑)ライン先端の動きで合わせます。数年前、LLニンフなるメソッド?が雑誌などで取り上げられていたようですが、止水の釣りを殆どしない私は全く無関心でした。時々、ネットで見かけるシステムは、私が管釣りで使う「マーカーを忘れた時のニンフ」と変わらなかったので、似たようなモノだろうと考えてました。私がこの釣りをすると、大抵フライを呑まれてしまいます。魚のダメージを考えると、ティペットを切るわけですが、フライのロスが惜しいので「LLニンフもどき」は先ず出番が有りません。何よりも「待ちの釣り」が性分に有ってないんでしょうね。にも拘らず「これで、何とか成るさ」と思ったんですが・・・。

IMG_2730kantsuri.jpg桟橋から、沖に向かってフルライン位の距離を投げます。あとは『放置』!時々リトリーブしてラインのタルミを取ったり、フライに縦の変化を付けたり。要するに、投げたあとは戦略が無いんです(泣)。この辺が、『本物』との違いですね。システムは似てても、肝が分ってないから何をして良いか分らない。状況に対応できません。と、隣を見るとヘッドを使い底近くまで落として引っ張ってる人にはポツポツあたりが有るようです。やはり、ボトムをきっちりトレース出来ないと釣果には結びつかないようです。コチラが出来ることはフライを換える事とティペットを継ぎ足しガン玉を噛ませるだけ!あとは打つ手なし!そして、タイムアップ。四年連続、初釣りは坊主となってしまいました。「LLニンフもどき」はやはり「もどき」でありました(笑)。


IMG_2728zansyou.jpg帰路、今年最初の残照を見ていたら疲れがドット出てきました。来年の「初釣り」は釣れるかな?


19:14 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑