FC2ブログ

手取川サケ釣り・・・その3

さんざん引っ張ってこの釣果、しかも雨でサケの画像なし(笑)

IMG_2639reel.jpgもう、飽きたと思いますが(笑)続きをどうぞ!

サケは掛かりましたが、背中から受ける強風のため、18fのロッドを立てる事が困難です。フッキングが頼りなかったので、追い合わせをしたいんですが、ロッドを立てたらヤバソウ(破損しそう)です。結局、普段の本流と同じくロッドを横に倒してサイドからプレッシャーをかけます。魚がローリングし始めましたが、サイドから引き続けると急に直線的な走りに変わりました。いい加減に、決着を付けるため16ポンドのティペットを信頼して自らが岸に向かってバックします。横で釣っていた友人がハンドランディングで♀のサケをキャッチして終了。フッキングの場所を確認すると、シリ鰭の辺りに掛かっています。最初、ジャンプした時に口に掛かっていましたから、ローリングした時に外れて、たまたまスレ掛りしたようです。どおりで途中引きが直線的に成った訳です。運が良かったのかな?


一匹キャッチしたところで、強風と雹交じりの雨に退散、一人車に戻りビールで乾杯。フロントガラス越しに見える友人達は、ロッドを振り続けています。後で聞くと、サケの群れが遡上していたそうです。その後2時間ほど休み、釣りを再開しましたが、13時過ぎ強風のため調査中止になりました。漁協の説明では、本日(11月7日)参加した釣り人は、来年応募さえすれば抽選無しでパスするとの事です。来年の枠が四つゲットできました(笑)。

手取川のサケ釣りは、年に一回ということも有り、事前の情報量がモノを言うんでしょうね。自分のコネクションをフルに利用して出来るだけレアな情報を仕入れた人が良い思いをする確立が高いのかもしれません。その点では、今回の私は完全な情報不足でした。エサ釣りの人は、あの悪天候の中、受付を済ませると真っ先に下流の小さいプールの流れ込みに陣取ってましたから、何処が良いか分ってたんでしょう・・・たとえ、釣れてもあの風の中、出て行くのは勇気がいるなぁ。

PICT0019yukimiti.jpg帰り道、白川郷に到る道は雪でした。
不完全燃焼に終わった手取川ですが、一年後の楽しみが増えました。



※源流釣行に重宝してます。詳細はこちら


09:50 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑