信州サーモン?

IMG_1115iwana.jpg露出オーバーの画像を補正して、やっとアップしたと思ったらこの画像と同じでしたね(笑)。内容がダブってもまずいからネタ変更。
←この魚を釣った様子はこちら


11月25日の読売新聞(長野県版)に、信州サーモンなる魚の養殖が追いつかず“大物”は品薄になっている(読売新聞より)との事。
ところで、信州サーモンって何でしょう?こちらを見ると、ニジマスとブラウントラウトの交配種で、生殖能力の無い3倍体の魚の様です。前出の読売新聞によると「ノルウェーなど海外産に比べて脂もしつこくなく、なめらかな食感が刺身に合うという」だそうです。因みにノルウェーではアトランティックサーモンの他に「トラウトサーモン」なる魚も輸出しているそうで、詳しくは分りませんが、ニジマスやスティールヘッドを改良した魚だとか、人の発想は似ていますね。

此処で疑問が・・・
よくTVの旅番組で、イワナやヤマメの刺身を食べていますが、川魚を生で食べても大丈夫なんですかね?まあ、プロが料理するんで、問題ないんでしょうけれど、素人が見よう見真似でやるとヤバソウな気がします。イワナその生態と釣り―神秘の魚イワナの謎を探るによれば、「山岳渓流のイワナは刺身で食べられる。養殖されたイワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマスも20℃未満の低水温で飼育されているので、寄生虫の心配は無い」「どうしても刺身で食べたければ-20℃以下に冷凍してから食べる」と有ります。この辺を押さえれば素人が料理しても大丈夫なんですかね?

昨日、放映されたザ!鉄腕!ダッシュで、国分クンと長瀬クン、鮎の刺身食べてたけど大丈夫なのかな?


便利グッズ
釣り場発見に役立ちます。詳細はこちら


19:01 | 信州徒然 | comments (0) | edit | page top↑

冬ですねぇ~

仕事中(運転中)に見た風景をパチリ!
IMG_2688yama.jpg



IMG_2692saru.jpgサル達も山を降りてきました。山麓の工場では、休日の社員に代わってサルが出勤しているんでしょうか(笑)。
しかし、図々しいなァ。


12:55 | 信州徒然 | comments (0) | edit | page top↑

一番印象に残るのは・・・

IMG_2679sake.jpg今年の新酒を頂きました。真澄「吟醸・あらばしり」常温で飲んだからでしょうか?新酒独特のフレッシュな香り(酒粕っぽい香り)があまり感じられませんでした。隣は、友情出演(笑)の水尾・特別純米・金紋錦、ピントが合ってないなァ~。


今年も残り少なくなってきました。先日、友人と今年の釣りについて話す機会が有りました。「今年、一番印象に残ったのは何だ?」って事なんですが、一番嬉しかったのが9月の源流釣行で25cm位のイワナを釣った時でした(これだから、釣り人として大成しない)。8月の釣行で、#14のパラシュートを見切られ苦戦した事(源流のイワナ釣りと言う事でバカにしてました)を踏まえて、前記のフライと「お守り」に#18のピューパパターンを持って川へ向かいました。
IMG_2358.jpg
釣り上がると、小さなプールの脇で定位しているイワナが見えます。此方は右岸に居て、魚は左岸に居ます。距離にして7~8mでしょうか。減水の為これ以上前に出る事は無理です。イワナの居る流れは大きな反転流(反時計回り)から、流れ出しへ向かう筋で、自分のキャスティング技術では複雑な流れをクリアー出来そうも有りません。7Xのティペットを1m程継ぎ足しフライを#18のピューパに換えました。ティペットの「クシャクシャ」が解ける時間に期待して、サイドハンドからラインの先端を反転流へ、リーダーを∩の形にして流れに乗せます。偶然とは言え(笑)、ラインにかけたスラックが幾筋もの流れと同じ形で着水しました。我ながら「上手くいったなァ」なんて思っていたら、静かに出ました。思わず「会心!」なんて独り言まで言ってましたが、後で考えると恥ずかしいですねぇ。

IMG_2369.jpg25cm程の魚ですが、アプローチからランディングまで自分の描いたストーリー通りの釣りが出来、嬉しい一匹でした。ゲームとしての面白さもこの辺りに有るんでしょうね。手取川サケ釣り以来釣りをしてません。そろそろ、限界。釣りに行きたい!



02:26 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑

酒ネタ

少し分ったことが・・・
先日の疑問・・・お燗の部はどの様な(清酒のカテゴリー)が出品されたんでしょうか?について。

どうやら、蔵によって判断基準が違うようで、レギュラークラスのお酒を出品した蔵や、特別純米、純米大吟醸、吟醸、大吟醸も有ったとか色々の様です。私は、お燗を付ける酒=レギュラー酒(蔵によっては、本醸造や純米がこれに相当)と考えてました。そこで、普段消費者が飲むお酒が審査されるのかと思ったんですが、違っていましたね。うゥ~ん!大吟をお燗で飲むのか!

酒蔵のブログ




11:42 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑

オフの楽しみ

鱒釣りWebだから、久々に釣りネタを!
IMG_0624iwana.jpg※わざわざ、ブログにアップするほどの事も無いイワナですが、この魚、今年(平成18年)ドライフライで釣った最初のイワナだったみたいです。#16のフライが大きく見えますねェ!画像を見ながらツラツラと思い出してみました。


同じ長野県でも、千曲川の様に雑誌や本で「解禁からドライフライにライズ!」なんて紹介される川も有りますが、標高700m、川の落差もきつい私の地元ではそんな所は無いと思っていました。実際、ドライフライで釣りが成立するのはゴールデンウィーク以降だと思ってたんですがそうじゃ無い所も有る事が分りました。

千曲川・川上地区の様に、落差が小さくゆったり流れる川が春先強いようですが、私の地元(南信州・伊那谷)は殆どが落差のキツイ山岳渓流です。そんな地形(河岸段丘)に有って「ゆったり流れる」場所は有るんでしょうか?それが有りました。しかも、結構な山奥です。上流にダム(或いは取水口)が有り、水量が調節されている場所。そんな場所は、土砂の流入によって川床が浅く、石も埋まるので落差もキツク有りません。あとは、南向きで水温が上がり易ければ、春先でもドライフライで十分勝負できます。ただ、解禁当初は、積雪により道路事情が悪く辿り着けないので解禁一ヶ月頃からが良さそうです。過去にも解禁直後、標高1,000m、水温2℃でドライフライで釣ってますから、当たらずと言えども遠からずと言った所でしょうか?

IMG_0620tani1118.jpg↑最初の画像のイワナは、このプールの画像右側の大石の際で釣れましたが、この時も水温3℃でした。この川も、上流に小さなダムが二つ有り、水量が安定している上に、南向きの川の為水温が上がり易い様です(上がりやすいと言っても2~3℃でしょう)。もしも、この考えが当たって居るので有れば、伊那谷にも解禁直後から楽しめる川が有りそうですね。これは地図を見ても予想が着くので、穴場を見つけられる可能性が大きいと思います。シーズンオフ地図を見ながら新たな釣り場を探すのも、オフの楽しみですね。

釣り場発見に役立ちます。詳細はこちら




17:21 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑

酒蔵のブログ

IMG_2650wine.jpg今年は、ニュースで取り上げられる時間が短いボジョレーヌーボー解禁!飲酒運転問題の影響も有ってか静かですね。


そろそろ新酒の便りが聞こえてきますね。きっとブログを書いてる蔵人も居るんじゃないかと検索してみると出るわ出るわ(笑)。中には、かなり更新も滞って居るのも有り、造りが終わると酒蔵もネタが無いのかなぁ。以前は、季節限定の労働者(技術者)として蔵人が造りに入り、皆造(かいぞう)を迎えそれぞれが元の仕事に戻って行く。そして7ヵ月後の晩秋、蔵に戻ってくるって言うのが殆どでした。最近は社員として蔵人(杜氏・頭あたり迄を)を雇用する蔵も増えたようで、技術者(蔵人)が営業に出る事も有るだろうし、日本酒好きにとっては興味が有るネタが多いと思うのですが、皆さんお忙しいんでしょうね。長野県の小さな蔵では12月中旬に新酒が出る事が多いようです。
因みに、県内大手の真澄では、11月に出荷が始まる様です。
そんな中、手取川のサケ釣りを検索中、脇にそれて(笑)石川県の酒を彷徨っていると、蔵人のブログを見つけました。もう新酒の出荷が始まっているんですね。
※この蔵のメルマガ申し込みました。面白かったですよ!
酒蔵・加越のホームページ







00:00 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑

鬼ころし

kouyou.jpg手取川での貧果から漸く立ち直ってきました(笑)。燗酒を飲みながらサケ釣りの反省中


IMG_2640hon.jpg幕末の剣豪、直心影流(じきしんかげりゅう)の達人「榊原鍵吉」を主人公にした、津本陽の短編明治兜割り。明治維新後、明治天皇の御前で行われた「兜割り」(日本刀で兜を斬る)で、警視庁所属の剣の達人が失敗する中、初老の鍵吉が見事「明珍」の兜を斬ってみせます。その彼が生活のため居酒屋を始めたと言う件があり、その中で「鬼笑い」なる酒を出したと言うことでした。当初、何故「鬼笑い」なのか、その名前の面白みが分らなかったんですが「鬼殺し」に引っ掛けて有ったんですねぇ。鬼をも殺す辛口の酒「鬼殺し」(酒呑童子の伝説にちなんだのでしょうか?)に対して、鬼をも笑ってしまう不味い酒「鬼笑い」と言うことらしいです。うぅーん!確かに不味そうな名前だ(笑)。

10001_2.jpg←は、全国に100以上あると言われる「鬼殺し」の中で最も有名な一つ。飛騨の老田酒造本店の「鬼ころし」。詳しくはこちら。
因みに鍵吉は酒2升を飲み干す酒豪だったとか。正に「酒呑」ですね。
10月に行われた関東信越国税局酒類鑑評会では、通常の常温審査と新たに燗審査の二部門制となったそうです。鑑評会も消費者の目線に近いところで審査される様になったんですね。ところで、常温の部の出品酒は大吟醸なんでしょうが、お燗の部はどの様な(清酒のカテゴリー)が出品されたんでしょうか?興味があります。


13:30 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑

手取川サケ釣り・・・その3

さんざん引っ張ってこの釣果、しかも雨でサケの画像なし(笑)

IMG_2639reel.jpgもう、飽きたと思いますが(笑)続きをどうぞ!

サケは掛かりましたが、背中から受ける強風のため、18fのロッドを立てる事が困難です。フッキングが頼りなかったので、追い合わせをしたいんですが、ロッドを立てたらヤバソウ(破損しそう)です。結局、普段の本流と同じくロッドを横に倒してサイドからプレッシャーをかけます。魚がローリングし始めましたが、サイドから引き続けると急に直線的な走りに変わりました。いい加減に、決着を付けるため16ポンドのティペットを信頼して自らが岸に向かってバックします。横で釣っていた友人がハンドランディングで♀のサケをキャッチして終了。フッキングの場所を確認すると、シリ鰭の辺りに掛かっています。最初、ジャンプした時に口に掛かっていましたから、ローリングした時に外れて、たまたまスレ掛りしたようです。どおりで途中引きが直線的に成った訳です。運が良かったのかな?


一匹キャッチしたところで、強風と雹交じりの雨に退散、一人車に戻りビールで乾杯。フロントガラス越しに見える友人達は、ロッドを振り続けています。後で聞くと、サケの群れが遡上していたそうです。その後2時間ほど休み、釣りを再開しましたが、13時過ぎ強風のため調査中止になりました。漁協の説明では、本日(11月7日)参加した釣り人は、来年応募さえすれば抽選無しでパスするとの事です。来年の枠が四つゲットできました(笑)。

手取川のサケ釣りは、年に一回ということも有り、事前の情報量がモノを言うんでしょうね。自分のコネクションをフルに利用して出来るだけレアな情報を仕入れた人が良い思いをする確立が高いのかもしれません。その点では、今回の私は完全な情報不足でした。エサ釣りの人は、あの悪天候の中、受付を済ませると真っ先に下流の小さいプールの流れ込みに陣取ってましたから、何処が良いか分ってたんでしょう・・・たとえ、釣れてもあの風の中、出て行くのは勇気がいるなぁ。

PICT0019yukimiti.jpg帰り道、白川郷に到る道は雪でした。
不完全燃焼に終わった手取川ですが、一年後の楽しみが増えました。



※源流釣行に重宝してます。詳細はこちら


09:50 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

手取川サケ釣り・・・その2

前回の続きをどうぞ・・・

IMG_2596tsuribito.jpg
管理棟前のプールを攻めますが反応は無く、風は益々強くなりフライは前方に飛びません。漁協の方が来て、特例で「この風では、フライは厳しいから中洲へ渡り此方へ向かって(追い風にして)釣って良いよ」との事。早速、友人達が中洲へ渡ります。私も渡ってみると水深は想像以上に浅く、深い場所でも腰辺りでした。偏光グラスを忘れた為水中の様子が分り難かったのですが、時々サケが目の前を通過し、水深30センチほどの浅瀬を遡上していきます。プールの流れ出しから30m程、上流にウェーディングして釣りを再開しました。#12タイプ3のシンクティップラインに16ポンドのモノフィラを直結し、その先に#1のフックに巻いたレッドゾンカー結びます。キャストを繰り返しますが、根掛かりを連発して思うようにフライを流せません。シンクティップのシンキング部分が「カックン、カックン」してキャストもスカッと決まらず、ストレスが溜まってきました。ヘッドを#13のインターミディエイトに交換し、これをペリーポークでキャストすると追い風の力も有って面白いように飛んで行きます。ティペットもきっちりターンするようになり、期待が持ててきました(笑)。


20061110214938.jpg9時を過ぎ、風はますます強くなりました。時々、背中から吹き付ける風の為、体が前に倒れそうになります(因みに私は身長178cm、体重78kg)。何投目かに、根掛かりの様な感触があり、ラインを引くと動いた様な気がします。ロッドティップを持ち上げてもう一度ラインを引くと、上流に向かって動き出しました。掛かった!そう思ったら、何が掛かっているのか心配になってきました(笑)。ウグイ?ボラ?スズキ?サケ?魚の顔が見たくてロッドを煽ると目の前でジャンプ、ブナの出たサケです(祝)。

・・・続く(魚の画像が行方不明で捜索中、その間にこのネタでもう一回エントリー・笑)
18:33 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

手取川サケ釣り・・・その1

行いの悪さか?前日まで秋なのに、釣行日は冬に!     ※画像は11月7日、釣りの帰り道

IMG_2618yuki.jpgいよいよ、手取川サケ釣りへ向かう事と成りました。11月6日、午前11時自宅を出発し、安房トンネル~平湯~富山へ抜け、そこから「美川IC」へ。宿に着くと真っ先に、天候チェック。今回、ご一緒したHさんが「ヤバイ!明日は、風速10m以上の強風で、大雨だって」。暗い雰囲気が部屋中に・・・(笑)。

そこで、2002年の事を思い出しました。この時も、調査区間の駐車場に着くと、ものすごい風と雨、雷も鳴っているし、おまけに雹も降ってきました。管理棟の前に集まった釣り人から「今日は中止か?」なんて声が聞こえます。川は上流のダムから放水が始まった様で、濁りもきつく増水状態です。トラウト相手なら先ず諦める所ですが、中止にならないのなら釣ってみよう!と言うことで始めると、これが当たる!20回近いバイトが有り、非常に良い釣りが出来ました。そこで、今回も一同前向きに考える事にしました・・・けど(笑)。

IMG_2600tedori1.jpg11月7日5時、風の音と雨、雷で目が覚めました。もう一度、天気予報をチェック、良い材料はありません。調査区間に向かいます。予報通りの強風が、しかも対岸側から吹いています。フライは前に飛ばないんじゃないか?誰もがそう思いました。強風でロッドは曲がり、18fの竿を風に向かって振り下ろせるのか?折れるんじゃないか?この時点でモチベーションはかなり低下してます・・・ビールを3本空けてからウェーダー着用です。


開始から、1時間後の午前8時、漸く準備が整い調査区間へ向かいます。川はかなりの減水で、管理棟前のプールは止水に近い様な状態で、先行している皆さんは、少しでも変化が有る区間最下流部(鉄橋方面)と最上流部に集中しています。特に下流部は管理棟前のプールの流れだしからザラ瀬になり、小さなプールを形成していて、遡上したサケがそのプールで休む様で、ポツポツ釣果も上がっています。流れ込みは、エサ釣り師が、その下流には十数人のルアーアングラーが陣取っています。フライは、まともに対岸から吹き付ける強風の為大苦戦。私達は、満員状態の下流部は諦め、誰も居ない「管理棟前プール」で頑張ることになりました。流れにメリハリが無く、いかにも釣れそうに有りません(泣)。
IMG_2599tedori.jpg
↑は「管理棟前のプール」雨で白く霞んでます。強風でススキも倒れてますね。帰宅してから、白山市の風速を調べたら18mだったそうです。

・・・・続く

13:37 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑

源流釣行便利グッズ?

信州は急な冷え込み、手取川の鮭よ遡って来い(笑)
IMG_1006iwana.jpg

昨年、友人から源流釣行の面白さを吹き込まれ、妄想が膨らんで「遠いの嫌い・歩くの嫌い」の釣り人が山奥へ向かいました。釣果も上々で、素晴らしい渓相と美しいヤマトイワナに逢う事が出来ました。その時、大変役に立ったモノが有りました。ご存知の方も多いと思いますがカシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータです。
IMG_2555tizu.jpg
見難いけどこんな感じ→
本来は、(GPSと組み合わせて)登山やハイキングなど、地形図を立体的に使えるソフトですが、源流釣行に際しては、未だ見ぬ川の様子を知る為に、釣行ルートの凡その歩行距離、高低差等をシュミレーションする事が出来ます。
私もハンディGPSのGARMIN(ガーミン) イートレックスを購入したんですが、遡行ルートがハッキリしている上に、頭上に木が被さった源流域ではGPSは機能しにくいので、現在はお蔵入りです。
帰宅してからは、地図と実際に歩いたルートを比べて、もう一度楽しむわけですね(笑)。

今回、改めてデータを見直していたら今年の源流釣行で、最後に尺イワナを釣り上げた地点は、標高1750mも有ったんですね!そこは魚止めでは無いので未だ上流にイワナは居るのでしょう。ひょっとしたら1,800m辺りまで居るのかもしれませんね。カシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータを見ながら来年の源流釣行のプランを練っいます(気が早いですねぇ~)。



22:34 | 源流釣行 | comments (0) | edit | page top↑