FC2ブログ

太田切川を釣る!その3

小雨の太田切川、イワナのポイントにアマゴが入っていた。
IMG_1239kawa.jpg
シーズン最後の源流釣行が、悪天候のため太田切川釣行に変わりました。前日は酒も控え(笑)、地形図を何度も確認して、タイムスケジュールもシッカリ練ったのに、降水確率60%にアッサリ断念しました。

14:40、水温12℃、減水。低気圧の接近により気温が低下してます。水温も2℃程下がりました。この事が釣りに如何影響するんでしょうね?9月9日に、アマゴの成魚72Kgが放流されたので、アマゴの釣果が予想できます。前回と同じ場所を、ほぼ同じ時間に釣りあがりますが、反応が有りません。あっと言う間に、半分の行程を釣り終えました。
時折、魚が走ります。散々叩いた場所で反応も無かったのに!如何も上を見ていない様ですね。釣り開始から40分、漸く一匹釣れました。20cm程のアマゴですが、口には二つフックが刺さっています。一つは私のフライ、もう一つはパラシュートフライの「ポスト」の部分だけが残ったフライの残骸です。以前、フッキングした事が有る魚なんですね。二つのフックを外してリリースします。

IMG_1228amago.jpg やはり、放流されたアマゴが反応する様です。その後、ライズらしきものを発見、早速キャストしますが反応がありません。フライが悪いのか?流し方が悪いのか?ハッチしている虫も見えません。釣りが上手そうな方のブログに有る「○×ハッチ」とか言うのがこれか?って思ったんですが、どうもおかしい。で、思い出したのが、以前、源流に行った時、やはり雨降りだったんですがライズが有り、そこにフライをキャストしますが魚の反応が有りません。
よくよく観察してみると、木の枝からの「雨だれ」でした(笑)。
今日も「雨だれ」だったのか?本物のライズだったのか?怪しいですね。


15:58、終了。結局、アマゴ3匹でした。最初の一匹は浅い瀬の中から、あとの二匹は反転流にフライを浮かべておくと、忘れた頃飛び出してきました。普段はイワナのポイントですが、今日はアマゴが入っていてイワナは留守の様でした。

IMG_1236amago.jpg


19:00 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑