FC2ブログ

お手軽な?アルプスのイワナ釣り

IMG_1201yama.jpg禁漁まであと僅かになりました。時間を惜しんで川へ向かいます。しかし、考える事は皆同じで平日の早朝にも拘らず数人の釣り人の姿が見えます。これで、一気にモチベーションが低下しました(笑)。1時間程間を取ればイワナは釣れますが、目的の沢に入るには先行者を追い越さなければいけません。それは出来ませんから、諦めて源流部から撤退しました。7:30、帰宅して、さぁ、仕事、仕事。

さて、仕事も一段落着きました・・・早いですねぇ~!(笑)。なんだか、不完全燃焼です。さぁ、如何するか?いつもの渓に向かうことに・・・
車横付けのこの川は、交通の便が良い上に先行者が居ても、併走する林道のお陰で場所替えが簡単なので時間が無いときには自然に足が向いてしまいます。難点は、魚が小さい事、当たりハズレが有る事でしょうか。

毎度同じ場所では飽きるので、何時もより上流に入ります。15:20、水温14℃。ピーコックハールをボディに使った#16のパラシュートで釣り上がります。入渓早々、イワナがフライを追いますが寸前でUターン。これで、魚が居る事が分かりました。
林道が川の右岸に沿って走っているので、釣り人の殆どが右岸から釣っている様です。釣れて来るのは、対岸(左岸)の小さなスポットからで明らかに竿抜けと思われる場所のみです。やはり、この時期の渓流は魚の数が少ない上に、閉店間際禁漁間際の賑わいでイワナもかなり神経質に成っていて、私の腕では釣り辛いですね。イワナを見つけると、頭上に被った木を忘れてキャストしたり、魚が出れば真上にアワセを入れて引っ掛ける、ストーキングで浅瀬に居る魚を追ってしまう等、自分の未熟さがモロ出ました。まだまだ、鍛練が足りないようです。
16:50、タイムアップ。釣果はイワナ8匹でありました。本日最大の27cm。
IMG_1212iwana.jpg


スポンサーサイト



19:42 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑