FC2ブログ

再度太田切川を釣る!

先日、太田切川へ釣行した友人から「水遊びの人達で、釣りどころではなかった」とメールが来ました。やはり、中央アルプス登山の基点であり、道路事情も良いこの川は夏場は水遊びの人で賑わいますね。特に、川幅も広く水深も浅い、河畔林も乏しい「コマクサ橋」~「駒ヶ根橋」の間は、昼間釣りが成立しないのでは?と思います。この時期、狙うならば夕方「駒ヶ根橋」上流か、「駒ヶ根キャンプセンター」下流でしょうか。そんな中、お盆明けで水遊びも居ないであろうピーカンの太田切川を釣ってみました。
P506iC0002556183.jpg15:00、水温16℃、「駒ヶ根橋」上流の堰堤から釣り始めます。15cmほどの減水で、流れはかなり狭くなっています。右岸側からの釣りでしたが、左岸の方がポイントは多そうです。しかし、左岸は道路も近く人の行き来も有りそうなので釣れるかは?です。しばらく魚の反応は無く、入渓から15分、漸く一匹のイワナが釣れました。夏のイワナ釣りのポイントである、流れの脇の殆ど水溜りのような場所から飛び出しました。その後、小さなイワナを2匹追加して、15:50終了しました。やはり、ピーカンの減水では、厳しいものが有りますねェ。この状況に、水遊びの人がワンサカ居たら・・・釣れないのも納得します。雨が欲しいところです。




22:37 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑

南アルプスでチョイ釣り

先日の釣行で、転倒、水没したデジカメが修理不能と連絡が有り、暗い気持ちで2時間ほどロッドを振って来ました。手近な所で7月の釣行と同じ川に向かいます。前回は、大雨の後の平水に戻る絶好の条件、今回は何分お盆明けです。減水も加わって非常に厳しい釣りが予想されました。でも、居るもんですねぇ!小型ながらイワナがフライに反応してきます。
P506iC0001835279.jpg  ※携帯にて撮影
 ただ、不思議なのはイワナ釣りの王道ポイント(笑)「反転流」での反応が少なく、「開き」や「瀬尻」での反応が多いことです。もしかしたら、エサ釣りの先行者が居て、浅く変化の少ない開けた瀬では魚を追い払ってしまい、「落ち込み」等の水深のあるポイントは攻め易いのでイワナが抜かれていたのかもしれません。その数時間後、私が入渓し「開き」に戻っているイワナを釣ったと言う事のようです。
 「開き」に定位しているイワナを見つけ、ドライフライを魚の後方に落とすと、イワナが「おッ!」っと言う感じで反転して来てフライをパクリとやる、このパターンが非常に多かったですね。


P506iC0002097420p1.jpg大型が出る訳でもなく、川幅も狭く、河畔林がせり出した小さな渓流ですが、それなりに楽しみ方はあるもので、タックルの選択やブッシュに気を配りながらのアプローチ、ストーキング等々、楽しませてもらいました。



09:43 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑