そろそろ「渓流」解禁

当ブログ、訪れて下さる皆さんが、どの様な言葉を検索し此処まで辿り着くのか調べましたところ、多いのはイワナ・kensawadaでした。「酒」についての検索からはほとんど居ません。そうでした!このブログ「フライフィッシング」で登録してありましたね。酒が無くて当然です。では、検索に掛かるようにタイトルに渓流解禁を入れてみました(笑
近くの川では、2月16日が渓流解禁となります。その頃、渓流は水量も少なくフライフィッシングには向きません。で、本流へ出撃となります。解禁直後の本流は、透明度も高く若干の減水であまり良い状態ではありません。が、釣り人のプレッシャーが無いために魚は、非常に釣り易いですね~!対象魚はイワナ・ニジマスが殆どで、特にイワナの大物はこの時期から4月までが、狙い目のようです。フライを岸際まで流し終わって、リトリーブのときに「ゴンッ」と来るのはイワナ(5月以降は殆どが鯉)、スウィング中に「ガンッ」と来るのはニジマス、です。水温の関係か?(底をとる)ラインシステムの関係か?アマゴは殆ど釣れません。昨年は、台風の影響も無く、川自体大きな変化は有りませんので、ポイントは非常に絞り易い状態といえます(昨年実績のある場所でOKですからね)。一昨年、昨年とブラックゾンカー、クリップヘッドのブラックマツーカに反応が良かったので(色は関係有るんでしょうかね?)今年も黒で行ってみます。さァ、あと二週間今年はどんな出逢いが有るのでしょうか。
※本文と画像は関係有りません。
iwana38.jpg


12:56 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑