あるロッド

釣り道具を整理していると、古い「カプラス・スーパードリフト・パワースペイ」http://www.kensawada.com/w/list.php?ev=show_prof&l=j&pId=38が出てきました。このロッドを購入した時は「アングリング」誌にウェットフライの記事が載り、「こいつは凄い」と思い購入したわけです。ウェットフライそのものの扱いが解らず「お蔵入り」していました。で、このロッドですがティップを2回、ミドルを1回修理していまして、バット部分以外はオリジナルを留めておりません。使用回数は少ないのに破損は多いと言うロッドです。でも、非常に思い出深いロッドで何度破損しても修理して手元に置いておきたいロッドなんです。
最初の破損は、10年以上前の禁漁間際、9月下旬(確か巨人VS近鉄の日本シリーズが有った年)、有るダム湖で転倒してミドルをポッキリやってしまいました。で、釣りから帰ったその晩、親父が入院しまして、医師からは「死亡の確立は80%」と言われて呆然とした事を覚えています。幸い命は取り留めましたが「お父さんが倒れた」と、疲れて眠る私を揺り起こしに来た母親の声が忘れられません。
それから数年後、存在さえ忘れていたこのロッドを思い出し修理して川に出掛けました。夕方釣りが終了し川を上がる時、ティップを何かに引っ掛けた様で紛失してしまいました。家に帰ると、ジャイアンツ・槙原が完全試合http://www.hochi.co.jp/html/db/baseball/perfect.htmをしてまして、親父が大喜びしていました。
またまた、数年後。ティップの修理を終えたロッドを持って川に出掛けた訳ですが、その時同行した後輩が車のドアにミドルをはさんでポッキリいってしまいました(笑)。その時は、何も無かったのかなぁ~?それから7~8年経ちますが、折れたミドルはそのままです。今では、親父も亡くなり、自分を取り巻く環境も変わりました。フィッシングスタイルも変わり、釣りに使う事も無く、かと言って捨てることも出来ません。思い出(大物を釣ったというモノでは無いが)も有り、今度もこのロッドを修理して使い倒してやろうと楽しみにしています。釣り以外で非常に印象に残るロッドです。
10-100-30806.jpg


00:38 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

りんご台風

テレビは、全て台風14号一色で総選挙は影が薄くなってますね。そう言えば、14年前の9月下旬、禁漁間際のこの時期にも、後に「りんご台風」と呼ばれる台風が来ました。この時は、強風によってリンゴが落下、栽培農家は悲惨でありまして、母親の生家も被害甚大で有りました。
そんな中、正午から友人の披露宴に招待されていましたが、当方、最後の悪あがきに釣りに出かけた訳です。
 林道が至る所で倒木に遮られていまして、仕方なくhttp://onionflavor.blog13.fc2.com/blog-entry-7.htmlの峠を通って釣り場に向かいました。「風台風」だったためか、川はそれほど増水しておらず、イワユル「ベストな状態」で、この時期に強いとされる「赤いボディー」のフライを使い、丹念に探りましたが、釣れ無い、ホント釣れないんですよ。考えられるのは、気温の低下(気圧も低下?)位でしょうか。イワナはさっぱり、出るのは小さなヤマメのみで結局、予定の時間が来て終了。跳ぶ様に友人の披露宴会場に向かいました。ただ、この時釣ったチビヤマメが人生初のヤマメでして一寸嬉しかったりして、披露宴もハイになって余興も頑張りました(笑。来週辺り、最後の悪あがきに出かけて見たいですねぇ~。
先日の釣行で水没。デジカメは昇天されまして、しばらく画像は無し。
17:25 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

イワナの楽園は有った?その2

多少古い話になりますが、8月24日も山奥へイワナ釣りに出かけました。今回は、道路事情もよく(なにしろ、バスが通ってますから)快適に釣り上がる筈だったんですけど・・・
結論から言いますと、道路事情が良い場所は、魚が居ませんね。当たり前の話なんですが、お盆休みでシッカリ抜かれたようです。一ヶ月前に同じ区間を釣った友人は「型こそ出ないが数は出た」と言ってましたが、釣りの世界では、一ヶ月前の話は昔話になるようです。
今回は、水源を標高3,000mの山に持つ川へ行った訳ですが、至る所で取水が行われており水の無い区間も1キロ程有りました。で、この水の無い区間が曲者でして、ここで諦めてしまうと取水の上流に有る楽園には行けません。何しろ、水が全く無い区間が時には2キロ程続く訳ですから、魚が居るなんて思えません。ただ、皆がそう思うって事は上流に行く人が少ない訳で、取水の上には水がワンサカありますから、当然イワナもワンサカ居ることも運が良ければ有ります。慣れてくると、2万5千分の一の地図である程度は判断がつくので、(水が無くて)現場で呆然とする事は少なくなりました。
カシミール3Dhttp://www.kashmir3d.com/>top_logo.jpg
なぞを使うと、ビジュアル的に楽しいのでお勧めです。ソフトが標高や傾斜を表示してくれるので、魚が住める環境かどうか見当がつけ易いですよ。

DSCN0703iwana.jpg


16:03 | マス釣り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑