解禁間近

今年の解禁は土曜日かぁ~。初釣りは19日か20日辺りでしょうか?本流は風が強いからなぁ、自分の技術では辛いよ・・・前に飛ぶかな?自分を釣らないかな?


IMG_2787taiseian.jpgIMG_2788soba.jpg苔清庵。太田切川13号堰堤入口にある蕎麦店。皆さん、そば・ラーメンなど麺類にはこだわりが有る様ですね。なので、あえて細かく味云々を申し上げるつもりは御座いません(と言うよりも、批評出来る味覚を持ち合わせておりません)。
それに、店の好みを決めるのは味はもちろん、雰囲気だとか、メディアに登場したとか(有名店で食べた満足感)、そう言った事も大きいようなので。でも、近くにお越しの際、食事場所として候補に入れても損はないはず。ホントは蕎麦の画像が有れば良いんですがね、当方、気が小さくて他のお客さんが食事中、撮影する勇気がないんです。検索してみて下さい(笑)。

お役立ち情報もどき?
IMG_2405hon.jpg<<イワナその生態と釣り―神秘の魚イワナの謎を探る (アングラーズ・サイエンス)、著者の山本さんには、何回かイワナについてお話を伺いました。興味深いお話が多かったです、特に産卵数と体長制限に関するお話はなるほどと思いました。>>

<<たびたび紹介の古本信州の渓流釣り (1983年)と同じ著者の魅力あふれる信州の清流釣りカシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータの組み合わせは如何でしょう?特に”信州の渓流釣り”は大変お世話になりました。使い方によっては今でも十分役に立ちます、特に木曽方面は。手書きの地図が良い味出してます。私のバイブル>>

信州の渓流釣り (1983年)の巻尾のコラムに面白い話がありました。一部抜粋します。
(水系によっては)在来の系統は崩れてしまって・・・と言う記述の中に

「天竜川の水源である諏訪湖には、明治時代より琵琶鱒(ビワマス)及び桜鱒が同種であるという想定の下に放流されたので・・・」とか、「明治十二年に滋賀県養魚場(現在の醒井養鱒場の前身)から、県営箕輪養魚場に「鯇」(アメノウオ)卵が導入され、その稚魚が、放流効果は疑問視されるものの宮田地先(宮田村?)に放流されている。翌十三年には野尻湖にも放流されているが、この鯇卵が「ビワマス」なのか「アマゴ」なのか「サクラマス」系なのか、それを確認する方法は今のところ全くない。・・・」以上、信州の渓流釣りP194より

天竜川水系に(放流が)明治十二年には有ったんですねェ~!西南戦争が有ったのが明治十年でしょう、大久保利通が暗殺されたのが明治十一年でしょ、と言うか、12年前まで徳川幕府の治政だったそんな時代に放流してたんですね。
で、宮田地先に放流された「鯇」(アメノウオ)卵ですが、蕪村の俳句に「瀬田降りて志賀の夕日や江鮭(アメノウオ)」って言うのがあったから、当方は勝手にビワマスではないかと思ってますが(滋賀県の醒井産だし)・・・って、ビワマスがどう言う魚か分かりません(爆)

「系統が崩れる」とはちょっと違いますが・・・

<<2012年3月21日信濃毎日新聞より

水辺の環境保全活動に取り組む松本市波田のNPO法人「えんどっこ」(大月健二理事長)は20日、外来魚のブラウントラウトが生態系に与える影響や対策について考えるシンポジウムを安曇野市内で開いた。釣り人や漁業関係者ら約40人が参加し、研究者らの話に熱心に耳を傾けた。>>

以下、NPO法人の議事録転載
<<公開シンポジウム「梓川におけるブラウントラウトの生息状況」2011年>>



12:06 | 太田切川 | comments (6) | edit | page top↑

40/100・・・太田切川釣ってみました!

こんにちは。少々動画の編集に疲れた男”自営業FF”で御座います。動画を見ていたら、キャスティングが上手くなればもっと効率よく釣りが出来る事にようやく気が付きました。狙った場所に一発で入れば・・・。う~ん、まだまだ勉強ですな!!

解析或る日の検索ワード。皆様が拙ブログに辿り着くきっかけですが、太田切川が多いですね。因みに田切川→×、田切川→○。詳しくはコチラをどうぞ!
 実を言いますと、去年今年と太田切川で釣りをしていません。ですから、拙ブログは参考にならないんですよ~。
 まぁ、近況は太田切川の帝王にリンク頂いてますのでそちらをご参考にしていただければと思いますが・・・←無責任(笑)
 が、毎回狭い川でヤマトイワナを釣っていても飽きるので、久々に広い川で釣りをしてみたくなりました。
 2010年、6月1日以来の太田切川菅の台地区ですが、三連休の釣行の参考になるのでしょうか?(多分ならないと思う・爆)

今回釣った場所は、平成12年から22年までC&R区間が設定された区間最上流部です。雨の影響で増水してますが、川幅が広いため、大抵釣りにはなります。アマゴの付く筋は増水で消えてますが、石がゴロゴロしてる川だからイワナの好む流速を見つけてドライフライをポトリと落とすと小さいイワナが出て来ました。

1時間チョッと釣って5~6匹でした。デジカメの電池切れで動画のみですがご笑覧下さい。性能の低いPCがさらに調子が悪くて、いつも以上にいい加減な編集です(苦笑)。





23年、C&R区間解除にあたり漁協側の理由の一つが”持ち帰り自由”→”釣り客増”→”漁券販売増”→”増収”と言ってましたが、釣り客は増えたのでしょうかね?
 と言うか、周りの釣り場が持ち帰り禁止の中にあっての”持ち帰り自由・差別化”→”釣り客増”と言うなら(少しは)分からないでも無いけど、ただ他の釣り場と同じ条件になるだけで(即)増収になる意味が分かりませんが。
 まぁ、解除に当たってはとりたてて反対の声も上がらなかったから、釣り人側も関心が少なかったのかもしれません。と言うか、事前の告知も無かったから外野が反対も賛成も言いようがないと。
 自営業者の立場から興味がありますので、C&R区間解除=増収・増益が思い込みや屁理屈で無い事を、根拠と結果を途中経過で良いから公表して頂きたいものですね。

それにしても”増収・増益”良い言葉だぁ!憧れますねェ~(笑)。

08:00 | 太田切川 | comments (6) | edit | page top↑

太田切川

良くある間違い!太田切川→○大田切川→×。国土地理院発行二万五千分の一地形図では、昭和63年発行の「赤穂」では太田切川、同年「空木岳」では大田切川ってあれれ?でも、平成14年発行の「赤穂」では太田切川と言うことになってるから、直近の「太田切」なんでしょうね。まッ、他愛も無い話から6月は始まりました(笑)。

CIMG0637.jpgお客様へ寄った帰り、太田切川を釣ってみました。ウェーダー履いて(気合入れて)、太田切を釣るのは二週間振りですか。その間に如何変わったんですかね?楽しみです。水は平水よりやや多めかな。前回釣った時から時間が経ってますから、魚は散ってそうです。
 黒川平の堰堤から入ったんですが、反応は良くないですねェ~。開始から30分、漸く釣れたのがこのイワナ18cm。大きさは関係ないです。喰ってくれて嬉しい限り!木が被さった山岳渓流は「オドリバエ」が出てたけど、ここは目に付きません。これから先、梅雨時には黒い小型のトビケラが出て、夕方には蚊柱のようにかたまって飛んでるんで、「それっぽい」フライを使うと面白いですよ。ガンガンの瀬からイワナが飛び出してきます。


CIMG0639_20100601191355.jpg普段、イワナが着いてそうな反転流で出たアマゴ20cm。時計回りの流れに乗せて送っていくと、下から摘む様にゆっくり静かに出ました。ただ、波みたいに流れが上下していて、喰い損ねたかに見えたんで合わせるか迷った分チョッと遅れましたね。フッキングはしたけど、グイグイ引くからスレだって事がすぐ分かりましたよ。
 その後、ガンガンの瀬から18cmのアマゴが出て合計3匹でタイムアップ。1時間位釣ったかな、相変わらずの釣果ですね。太田切川、もう少し水が落ちてくれれば楽しいだろうなぁ。暫らく、好い天気が続くみたいだから週末あたりは、好い釣りが出来そうですね。


※2010年、イワナ26匹、アマゴ27匹、ニジマス1匹、そろそろ山岳渓流が楽しくなって来るでしょうね。元旦以来の休みを取って、8日に行ってみようかな(休んでいる様で、休んでいないんですよ!・笑)

20:19 | 太田切川 | comments (2) | edit | page top↑

いいじゃん太田切川

腰痛・胃痛・不景気、三重苦の中の釣り。どれか一つにならんかなぁ。

色付け失敗?そんな印象のアマゴ。朱点はもう少し控えめの方が宜しいかと・・・
CIMG0589.jpg

お約束?本流の釣果から。5月13日、一回当たったけど乗らず。5月14日さっぱり(笑)。着き場が変わったか?・・・分かりません。試行錯誤が続きますね。
 5月14日、仕事の合間11時10分、太田切川13号堰堤から釣り開始。ここは良いですよね。車から即川に入る事が出来ます。ウェーダーなんて履かずに(何しろ「仕事中」ですから)、テンポ重視でドライフライの釣り。反応が良いですねェ~。水深が有っても流れが遅ければ、水面まで出てきます。40分釣ってアマゴ4匹でタイムアップ。これ、ウェーダー履いてしっかりやればもっと釣れましたね。#12のジャシッド良く働いてくれました。これは、午後も都合がつけば釣ってみたくなって来ましたよ!

 午後はここから釣り開始。黒川平の堰堤下流でアマゴ4匹、堰堤のプールで2匹、堰堤上でイワナ2匹、アマゴ4匹で終了。ここでもジャシッド良い仕事してくれました。EHCでも良さそうですね。堰堤のプールでは小さいフライへの反応が悪くて、シルエットが大きい方が反応良かったです。ウェット使ったら一匹釣れたけど、これは例外か。
 今の季節は、色々なフライを試すと面白そうですね、兎に角釣れるから。スタンダードパターンなんて良いんじゃないですか。機能性最優先のフライ(パラシュート等)以外も、使ってみると面白いですね。魚が居る事は分かってるんで、楽しみ方が色々有るんじゃないかな。

※2010年、イワナ18匹、アマゴ23匹、ニジマス1匹。おッ、太田切効果(笑)でアマゴが逆転したぞ!

拙ブログより、こちらを見よ!
<<伊那谷の釣りは、たったんさん!>>

<<太田切効果についてはこちら!SHIGEさん>>

<<更新頻度高いよ!下伊那はけばりさん>>




10:30 | 太田切川 | comments (2) | edit | page top↑

2010年太田切川情報・・・役立たずでスマン!

釣りしたいなぁ~。GW早く終わって欲しい。


CIMG0062-1.jpgアクセス解析を見ると、天竜川・太田切川・中ア・南アの釣りがサーチワードになっていますね。釣行の情報収集にご覧頂いた皆さんスミマセン。ねッ、何の参考にもならないでしょ?(笑)。特に、当方人様が休む時は忙しいとされる商売でして、当然GW中は殆ど釣りは無しです(ビミョウな言い回し)。まぁ、予想としては、天候も幸いして各地で好いニュースが聞こえるんじゃないですかね・・・と、差しさわりのない事を言っておきます。
 太田切川、直近の状況はこちらで確認してください。
 5月2日、太田切川・GW中唯一の釣り。17時から40分、合わせ切れ一回でタイムアップ。フライが弾切れ、#10のジャシッドで釣ってみましたが、突くけど喰わない。サイズが大きすぎるんでしょう。まぁ、当たり前か(笑)。

09:10 | 太田切川 | comments (4) | edit | page top↑