源流のウェットフライ

まさか将棋が朝のワイドショーで扱われるとは・・・。因みに将棋好きの自営業FF、三年前にこんな事書いてました。以上、閑話休題。

6月中旬、源流でウェットフライを楽しんできました。釣りに夢中になって(まぁ、それが目的ですが・・・笑)、動画の撮影ボタン押し忘れてました。短い動画ですが、お時間が有りましたらご笑覧下さいませ。

 何時ものロッドのガイドが二か所取れてしまっていたため、殆ど使った事が無かった真竹のロッドを使ってみました。真竹と竹製のフェルールの組み合わせがこんなに軽いとは思いませんでしたよ!ベナンベナンではなく非常に扱いやすかったですね~。よく使うロッドに比べてバットが少し弱くて多少イワナに遊ばれた気がしますが、それ以外は問題無しでした。トンキン以外はビルダーが奇を衒って作ったもので際物だと思っていましたが当方の誤りでした!ビルダーの技量が第一だと思いますが、しかし真竹って素材バカにできませんね。

動画では、20年選手のシムスのベスト、10年選手のカリマーのスラックスを身に着けてます。いい加減ボロボロですがまだまだ現役です。←び、貧乏のせいで新調出来ないのではないのです、気に入っているんです(震え声)。
 特にベストは、20年使っているとポケットの位置を体が覚えてしまって別のものではイケマセン。もう少し頑張ってくれ!

 ユーチューブが提供している音楽を適当に被せてありますので音量に注意してください。記録として撮影しているので映像制作に拘る方から見れば噴飯ものですが、源流のイワナ釣りの雰囲気が伝われば幸いです。魚は全てイワナで、この川に太古の昔から住むヤマトイワナの末裔達です。では、どうぞ!





00:55 | GoPro HD・・・動画 | comments (4) | edit | page top↑

自己満足動画(笑)

ネタが無い時はコレに限る。

見返すと感慨深いモノが・・・映ってないけど、あの頃は髪の毛も多かった(爆)。
かなり、狭い場所にも入ってますね。元気だった(遠い目)。
公開済みの動画ですが、2012年から2014年までの源流のドライフライフィッシングの様子がランダムに編集してあります。
音量注意!!

12:40 | GoPro HD・・・動画 | comments (0) | edit | page top↑

源流釣りのシステム

2016年、源流のウェットフライが少し分かったシーズンだった。
最近の源流釣行はウェットで始めて、時合を見てドライに替えて反応が良ければそのままで、今一つの時はウェットに戻したりと、そんな感じで一日楽しんでます。う~ん、面白い。

 まぁ、自分の場合はニンフとウェットの境界が曖昧でニンフを結んだらニンフフィッシング、ウェットを結んだらウェットって呼んでるからいい加減ですね~(笑)。唯一の拘りはマーカーを使わない事でしょうか。

 自分のキャスティング技術では、ロングリーダーにロングファインティペットそこにマーカーを付けるルースニングシステムは(絶対)上手く投げられ無い。ポイントが狭い源流のイワナ釣りではフライがポイントに入らないし、もう、ウィンドノットだらけ。結果、太くて短いリーダーとティペットに、ウェットフライを2本結んだ今のスタイルに落ち着きました。で、今のシステムで下手なりにやってみたところ、まぁ満足いく結果が出始めました。友人にそんな話をすると「フライが見えないのにマーカー無しで食ったのが分かるの?」と言う事だったけど、大丈夫!

 結論、源流のイワナ釣りではフライを沈めた時、マーカーが無くてもアタリは取れる!見逃しているのもあるとは思うけど、アタリはわかる!←言い切った
だから、「食っているのに気づかないのでは?」なんて心配は無用なのです。

 と、言う訳でドライとウェットを併用する今のスタイルが自分には一番合ってますね。





00:40 | GoPro HD・・・動画 | comments (2) | edit | page top↑

やっぱりキャスティングですな

オーバーヘッドで投げたかったけど、思った以上にバックが取れないから、下手なダブルスペイやリバースのスナップT 。疑似餌の釣りの成否はキャスティングが8割とは言うけれど、でも、上手く投げられねぇ~。

と、言う訳でこのキャスティングでは結果が出ないのが分かる気がしますね(苦笑)

下手なキャスティング&釣りを公開する度胸だけは”買い”でしょう(笑)
※音量注意


フライキャスティングは、お金を払って(或いはキャスティングに強いショップでタックルを購入して)、それなりのレッスンを受けた方が良いなと、改めて思う今日この頃。

今年最後の本流は11月上旬かな?
09:07 | GoPro HD・・・動画 | comments (0) | edit | page top↑

我流!源流ウェット

年に数回とは言え、20年以上同じ釣り場に通っていると少々マンネリ気味・・・。最近は気分転換を兼ねて、ウェットで釣る事も多くなってます。人に教わった事もなく、(超)我流。それでも釣れてくれるから源流のイワナはありがたい。

ウェットフライといってもショートレンジなのでドライと変わりません。←上手い人は知りません!自営業FFレベルでの話。

上手い人の源流ウェットって如何やっているのかな?興味がありますね~。

動画ではピンク色のラインの変化に注目して下さい。引き込まれたり、弛みが取れたり動画でもアタリは分かり易く出てます。特に3分54秒~は、ラインが上流に引っ張られてますね。5分22秒~は、唯一ドロッパーのEHCに掛かりました。

BGM被せる時間がなかったので、リールの音と瀬音以外は何もないシュールな動画です(笑)。音楽無しの9分は厳しいなぁと、我ながら思います。お時間が御座いましたらご笑覧下さい。ホント、味気のない動画に仕上がりました(笑・笑)




23:38 | GoPro HD・・・動画 | comments (2) | edit | page top↑