FC2ブログ

営業終了しました!趣味に生きるのか?

4月30日をもって営業終了しました。自営業だから”廃業”が正解か、あえて”終了”と言うのがミソ。だって”廃業”って言葉がキツイ気が・・・(笑)
 「自分で幕を引けて良かった」「資金ショートで不渡り出さ無くて良かったぁ~」「売り上げや支払を気にしない人生だぁ~」「取引先に買い掛け無いし、今がタイミングだな」が正直な気持ち。自分で決断したのですから悔いはないのです。
 この歳になって人生が変わるなんて面白い、兎に角面白れぇ~。この先どんな人生が待っているのかな~、ワクワクしてきた。
ハッキリ分かっている事、釣りには行きますよ。外出自粛?こう言う時って、他人の行動が気になって仕方ない戦前の憲兵みたいな人出てくるのがねぇ~、「マスクをしろ!」「離れて並べ!」「釣り外で遊んでんな!」「咳するな!」「こんな時に営業するな!」全体主義と言うか「右に倣え」の風潮が。まぁ、釣り以前に残務処理で遊ぶ時間が無いけど(涙)。事業を畳むのは予想以上に骨ですわ。
 今現在、観光業、サービス業、飲食業、それに係わる商売は厳しい。他人が考えている以上に厳しい。店を経営するうま味は現金が入る事だけど、それが閉ざされているから在庫が滞留するイコール資金繰りが悪化する(特に手形での支払いなら待ったなしだ)。売り上げに関係なく固定費はかかるから縮小・休業・廃業も選択肢に入って来る。事態が落ち着いたころにはチェーン店だけが残って個人や家族経営、零細のお店は激減しているなんて事が加速しそう。廃業した人間が言うのもおかしいけど、お世話になった皆さんが心配だ。はぁ~暗いな。
無題


さぁ、引っ越しの準備。
 
これからは、趣味中心の晴耕雨読の人生だ。渓流のFFで35年目、本流は30年目、久々に釣りに本気になる男の人生を見て頂きたい(笑)
00:14 | 未分類 | comments (4) | edit | page top↑

お~ォ

釣りに行けないので更新できません。今年は人生の転換期になりそうで激動だ。

 で、9月19日に面白い経験をしたのでアップします。釣りとは関係ないのでそちら方面を期待してる方はスルーしてください。

 所用で長野市に行った帰り道、国道19号を松本方面に向かっていました。21時頃だったかな?山清路橋に向かう緩い下り坂、いきなり対向車線側から黒い物体が出てきた。ヘッドライトに照らされて金色に光る眼が二つ「クマッ!」と思った瞬間ぶつかった。橋を渡って直ぐの待避所に入って確認すると、ナンバープレートが潰れてバンパーがずれてる様な・・・だけどボディーは大丈夫そう。どうやら正面衝突は避けられたみたい。恐る恐る引き返してみると、逃げたようでクマは居なかった。

 が、翌朝明るくなって確認してみたら、相手も当たる瞬間逃げたようで、車の右側面下部に接触したみたい。車の側面と腹が結構やられてた(涙)。せめて、クマのケガが小さいのを祈るのみです。
不思議なのは、何十年渓流釣りをしててもクマに遭わない人が結構いるのに、自分の様に年に数回の釣りでもクマに遭う確率が高かったり、普段の生活でも遭遇するんだから「クマ運」なんてのが存在するんでしょうか?

 でもね~、いくら山国の長野県とは言え、長い一生でクマと接触事故を起こす人は多くないはず。しかも山奥の林道じゃなくて、通勤の車や大型が結構通る国道でしょ?「国道でクマを見ましたぁ~♪」じゃなくてぶつかるんだもの。それにしても、ツキノワグマ黒いからぶつかる寸前まで分からなかった。と言うか、こっちはせいぜい60kmで走ってて点灯もしてたわけだから向こうは分かるはずでしょう、何故ぶつかる。クマよ!以後注意していただきたい。
  
 ライトの明かりで金色に光ったクマの目は印象に残ってます。

12:49 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

準備しましょう

倉庫を物色しているとこんなものが・・・。「記念・近歩一」近衛歩兵第一連隊?我が家の歴史には兵隊さんは居ないけど、器の高台の部分に当家の名前が有ったから、縁者が入隊の記念か何かで作ったのでしょうか?

 倉庫には変わった物が有って面白いです。(日露戦争の戦跡の)旅順要塞跡が撮影された戦前の絵葉書なんかも有りました。絵葉書には、東鶏冠山北堡塁の大砲も写ってました。銃剣を構え斜面を登る日本兵をことごとく吹き飛ばし、司馬遼太郎が「魔王」と表現した堡塁も、かつての激戦地もすでに観光地になってたのでしょうかね。

DSCN0216.jpg先日、法事で墓地を訪れた時、従弟と戒名を見ながら、忠国院、顕忠院、儀忠院、殉国院、良忠院、義烈院、等々、「忠」や「儀」「殉」の字が有るのは兵隊さんだろうな!とか、「南海」の字が入っている方は海軍の軍人さんかな?とか、旅順院という戒名の方は、日露戦争で亡くなったんだな?伊那谷からも旅順要塞攻撃に参加したんだ、なんて話をしましたね。
 司馬遼太郎が「街道をゆく」の中で、山形県米沢を訪れた時、上杉の武将「水原常陸介」の墓石を見つけて「水原はここにいたか?」と書かれていたのを思い出しました。

以上、まったく本題とは関係ない話(笑)

今年も、源流釣行の時期がやってきました。去年は一泊したけど、今年は時間が取れません。日帰りになりそうです。で、今年も7時に入渓地点でチョッと釣って、一番数が出る中間部分はとばして、10時上流部で再開して13時魚止め。時間が有ったら支流に入って15時に撤退を考えてます。17時に入渓地点、18時林道、20時30分に車止めって感じでしょうか?
 過去数回、クマに遭ってますからね~、注意と覚悟は必要でしょう。今回もウェットフライメインにして、逆さ毛ばりも試してみたいと思ってます。通常のソフトハックルだけじゃあ面白くないからテンカラの毛ばりを使ってみようかな?と。まぁ、ウェットフライのドロッパーシステムのリードフライに結ぶだけですけど、おそらく可もなく不可もなく釣果には影響ないはずです(笑)。でも、逆さ毛ばりは「ザ・テンカラ」って感じでいいなぁ。

※逆さ毛ばりって巻いた事無いんで、資料集めかららはじまねけりゃなりません。頼りは、ブックオフで買ったテンカラ本とユーチューブのみ。これで、逆さ毛ばりと呼べるものが巻けるのか?ちょっと不安。結果は、来週以降という事で・・・

00:10 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

合掌

中ア・南アの登山とその安全に多大なる貢献をした伊那市の唐木勉さんが亡くなられた。北沢峠 長衛祭の発起人の一人であり、中アの山岳救助隊の隊長・名誉隊長を務めた方だ。中ア遭対協
自分は登山をしないが、色々とお世話になり、取引先の専務が大絶賛の方だった。その専務も去年急逝された。今頃は、雲の上でお互いに顔を見合わせて驚いているに違いない。
中ア南アに登山された人は、直接に間接に何らかの形でお世話になった事が有ると思う。

合掌。

17:55 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

へぇ~!まだ決着がついていないんだ

約10年前に建設見送りになった天竜川水系・三峰川上流「戸草ダム」。伊那市議会の一般質問に定期的に登場して、市長は「着工に向けて関係機関に要望活動を行っていく」と回答するパターンが繰り返されます。

で、平成30年9月8日の長野日報・上伊那版によると、平成30年9月伊那市議会定例会で飯島進・市会議員から「中断している戸草ダムの早期建設を」との質問が有り、市長は「国や県への要望活動を強めていきたい」とのこと。

へぇ~、もう終わったものだと思ってました。2008年に建設見送りになって10年、「もう終わった事」じゃなくて建設支持のロビー活動とか継続してるんですね。結局、住民のほとんどは直接関係無いから、判断基準が事業そのものの有効性だけだは無くて、イデオロギーや経済事情が出てくるから意見が分かれるんだな?と改めて思った次第。

戸草ダムについては、伊那市議会・会議録検索システムでヒットします。興味が有る方はどうぞ!

伊那市議会・会議録検索システム伊那市議会・会議録検索システム

15:07 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑